TURNS

Uターンしなきゃ分からなかった、
故郷暮らしがもたらすもの。
愛顔のひめターン vol.4 【愛媛県西予市(宇和町) 美容室経営 廣瀬友美さん】

自然、文化、歴史がそろうまち

リアス式海岸からカルスト台地まで、多様な表情を持つ愛媛県南西部の西予市。
全国で44カ所ある「ジオパーク」(地球を学び、楽しむことができる場所のこと)のうち、エリアまるごと「四国西予ジオパーク」に認定されていることでも知られる。

その中心地の旧宇和町卯之町はかつて、宇和島藩の宿場町。風情ある白壁や格子窓がいまでも残り、一帯は国の重要伝統的建造物群保存地区になっている。

愛顔(えがお)のひめターン4回目は、この地区に生まれ育ち、1年前に大阪から戻ってきた廣瀬友美さんを訪ねた。

保存地区から一本筋違いの通りに、ハサミのデザインを施した真っ白なのれんを発見。ここが、友美さんが営む美容室「HAIR SALON- toki- 時」だ。

あこがれの都会で美容師になる

友美さんは高校を卒業後、都会暮らしにあこがれて、大阪の美容専門学校へ進学。卒業後は15年間、大阪で美容師として暮らした。朝8時に勤め先へ、帰宅するのは午後11時ごろ。それでも、職場の雰囲気はよくやりがいはあった。ただ、肉体的にはきつかった。毎年「やめたい」とオーナーに本音を漏らしながらも、美容師として一人前になるために踏ん張ってきた。

20代後半、時間と体力を削られる日常にUターンを考えたこともあったという。

「大阪に引越ししてしばらくして、故郷の食のおいしさとか自然の豊かさとかひとの温かさとか、恵まれていたんだなって感じました。愛媛に戻りたいと思った時期もありましたが、チャンスがありませんでした」

 

地元の魅力をあらためて知る

Uターンを後押ししたのは、大阪でデザイナーをしていた香川県出身の小野慎平さんだ。結婚してから2人で友美さんの実家へ行ったとき、慎平さんは、歴史風情のある町並みや見知らぬご近所さんが話しかけてくる人懐っこさを気に入った。

「音楽が聞こえてきて、ふらっとその建物に入ったらすごいミュージシャンが歌っているわけですよ。マチュピチュみたいな山のまちなのに、おもしろいやんって」(慎平さん)。デザイナーの嗅覚で、まちのポテンシャルを感じたのだ。

そこに居合わせた、同じ年の地域おこし協力隊の男性から「協力隊に応募しては」と提案された慎平さん。「やりたいです」と即レスポンスする慎平さんとは裏腹に、「ほかにもいい移住地があるのでは?」と友美さんは慎重だった。

県内各地のまちづくりに先進的な地域をいくつか見てまわった結果、「同年代のドレスデザイナー、和紙作家、カフェ経営者といった多芸なUIターン者も目立っていたし、米や魚、乳製品とか海と山の幸の宝庫でもあり、ひとも温かい。知ればしるほど、故郷がいいと気づきました」

▲築100年以上の古民家をリノベして「卯之町バールOTO」を営む藤川さん夫妻。夫の藤川朋宏さんは地域おこし協力隊当時、慎平さんに協力隊を勧めた。

 

応援してくれるひとがいる幸せ

移住後、友美さんは隣市の美容院に勤めた。キャリアを積んでいても、お客さんを見つけることから始めなければならない。技術を保つためにはハサミを休めるわけにはいかない。「どうせゼロから出発するなら」と開業を決めた。

予定になかったので資金はない。元酒屋を借り、地元の友人、知人や家族から手伝ってもらい、ほぼDIYで改装。「応援してくれるひとたちがその地域にたくさんいるありがたさを感じることができました」

▲店のロゴやのれんのデザインは慎平さんが担当した

2018年5月に「時」はスタート。ネーミングには、お客さんがそれぞれじぶんの時間をゆったりと過ごしてほしいという想いが込められている。お客さんにとってはもちろん、友美さん自身にとっても大切なコンセプトだ。

切れ目なく予約をとっていた大阪時代と比べて、施術にかかる見込み時間に30分をプラスした。「一人ひとりにきちんと向き合えているのがとてもうれしいです」。こころの余裕から生まれる、本物の心地よさが時の空間には溢れている。

▲「時」から徒歩1分の醤油屋さんにて。「お金を貯めてカットしてもらう日を楽しみ待っている」と女の子は話してくれた。

 

Uターンの選択肢は、はずせない

生まれ故郷へ抱く想いは、ひとそれぞれ。友美さんも決してUターンに前向きだったわけではない。でも、あの頃とはちがう価値観と技術を身につけて、同級生や同級生の子どもたち、地元のひとたちに還元できるいまが幸せなのだと言う。

「年を重ねたからこそ、生まれ育った場所の魅力が分かるようになりました。戻ってきて正解でしたね」。その言葉でインタビューが終わると、予約のお客さんが白いのれんをくぐってやって来た。お客さんと友美さん、対面する笑顔が弾け合った。

写真・文:ハタノエリ

\西予市について詳しく知りたい方はこちら!/
・西予市ホームページ
・西予市移住定住サイト 海里山の憧れ暮らし

\愛媛県のイベントはこちら!/
・2/3(日) 愛あるえひめ暮らしフェア(東京)
・2/3(日) 地域の魅力発信!移住交流フェア(東京)※西条市参加
・2/23(土) 愛あるえひめ暮らしフェア(大阪)


愛顔のひめターン連載企画VOL.1【久万高原町 トマト農家 上村芽衣子さん】
愛顔のひめターン連載企画VOL.2【松野町 地域おこし協力隊 岸本有希さん】
愛顔のひめターン連載企画VOL.3【今治市 会社員(リモートワーク) ゲストハウス経営 徳見理絵さん】