【岐阜県・求人】郡上八幡に「道の駅」みたいな場所を作りたい!チャレンジする仲間を募集!

地域おこし協力隊|郡上市八幡町|相生地域づくり協議会

岐阜県の郡上八幡は、川と温泉の恵み豊かな「水のまち」。城下町のため、歴史や文化が息づき、観光・レジャーも充実しています。
今回、市街地のほど近く「相生地域」で、レトロなドライブインを再活用するプランが始動。そこで、企画や運営を一緒に挑戦するメンバーを募集します!


▲相生地区は長良川沿い。渓流遊びや、とびきりの鮎が自慢。

 

郡上八幡は、自然と文化・観光の町

郡上八幡といえば、日本三大盆踊りの1つ「郡上おどり」。風情ある城下町にずらりと列をなし、7〜9月の約30夜にわたって踊られます。特にお盆の4日間は徹夜でおどり明かすのが特長で、コロナ前は東京や名古屋から参加する若い世代も加わり、盛り上がりを見せていました。


▲400年以上の歴史を持つ「郡上おどり」。例年、お盆の4日間は徹夜で踊る。

1,000軒以上の町屋が並ぶ市街地の中では、空き家をリノベしたカフェなども点在。過去には地域おこし協力隊が活動し、そのまま定住するOB達もいるそうです。

 

*これまでの町おこしの様子はこちら
https://turns.jp/?s=郡上

 

「相生」はスローな暮らしが楽しめるエリア

今回の募集は、そんな市街地から車で5〜10分ほど離れた「相生地区」です。
山と川がダイレクトに感じられるエリアなので、大自然に抱かれながら日常をゆったり過ごすにはぴったり。


▲飛び込んだり、ラフティング、沢登り、渓流釣りなど、川のお楽しみが満載

長良川を望む天然温泉も堪能できるので、温泉好きな人も注目です。


▲町にある「ホテル郡上八幡」の露天風呂。日帰り入浴可。

山へ入っていくと「大滝鍾乳洞」があり、釣り堀りや、流し素麺でもワイワイできますよ。


▲鍾乳洞の中には落差30mの滝!圧巻!


▲鍾乳洞への往復は、木製のケーブルカーでほっこり

もし家族での移住や、結婚・出産を考えている人は、教育環境も気になりますよね。
相生地区には、認定こども園・小学校・中学校が500m圏内。子育てにも安心なエリアなんです。


▲相生地区の人口は約3千人。小学生は約150人、中学生は約75人。

けれども、多くの地方と同様に、人口減少や高齢化の波がじわじわと……。
そこで、これまで地元メンバー(相生地域づくり協議会)は、住民の交流の場を作ったり、地域の魅力を発信するイベントなどを行ってきました。

 

どんな活動に取り組むの?

相生での地域おこし活動は、いま主に4つあります。

[1]軽トラ朝市

[2]ドライブインシアター

[3]相生パーティー

[4]新プロジェクトの立ち上げ

ここまで活動を伺うなかで、「相生地域づくり協議会」のみなさんが口々に語るのは

子ども達に地元の魅力を知ってほしい
・できれば長く住んでほしい
・一度、他のエリアに住んだとしても、戻ってきてほしい

という、子ども達への熱い想い!

 

新プロジェクトの構想は…

そんな熱意を胸に、協議会メンバーは5年前から活動してきました。
けれどもここ数年は、コロナ等で地域イベントができなかったり、観光客の減少も課題に。

また、若い世代のUターン後の受け皿がないことも見えてきました。

そこで、新たなプランを模索!

活かしきれていない観光施設がある
・地元資源の活用、産業振興も必要
地域で稼げる仕組みをつくりたい
・若い人がUターン後、働ける場

それを丸っと叶えるため、昔からあるドライブインを再活用しよう、という構想が持ち上がったのです。


▲取材日は雨。「郡上での雨は、水のまちに歓迎されている」との説も!?


▲「相生地域づくり協議会」中心メンバーのみなさん

今は、団体客や修学旅行生の昼食会場やお土産の売店として、ときどき使用しているこの施設を、「道の駅」のようにいつも賑わう場にしたい、というのがビジョンです。


▲地域おこしをする上で、すでに”箱”や特産品があるのはメリット。

たとえば、地元の人が野菜を売ったり、新しい売店をつくったり
正直、予算が限られているため、大がかりな改装はできないかもしれません。
でも併設のホテルに調理場や天然温泉があるので、足湯カフェを行う…なんてことも夢ではないかも!?

 

こんな人に来てほしい!

このプロジェクトを進めるため、相生地区では、はじめての「地域おこし協力隊」を募集することになりました。

\主な仕事内容/
1)既存イベントの運営
(軽トラ朝市・ドライブインシアター・相生パーティー)
2)新プロジェクトの立ち上げ
(ドライブイン再活用のアイデア出し・企画・実行など)

\こんな方は大歓迎/
○地域づくりに意欲をもって取り組みたい人
○地域の魅力や資源を発掘・発信したい人
○人と人を繋ぐマルシェの企画などに、興味や経験のある人
○売り場づくり・販売・運営などに、興味や経験のある人
○田舎暮らし・川遊び・山遊び・ウインタースポーツ等が好きな人

\住居も完備/


▲協議会が用意している一軒家。ファミリーも◎な広さで、目の前はキレイな長良川。

 

活動メンバーも紹介します

さてここで、一緒に活動するみなさんが、どんな人たちかをご紹介。

まずは若手メンバーから。
写真上は谷口天馬さん。下は左から武藤慎哉さん、(村瀬会長)、武藤里恵さん、和田淑子さん。

以下、中心的なメンバーに、やりがいや意気込みなども伺いました。

和田滋紀さん:
「イベントを開くと、子ども達が『すごく楽しみにしてた』という表情で来てくれるんです。それが、この町の活動のやりがいです」


▲ふだんは「ホテル郡上八幡」営業担当。「嫁ターン」で神戸から郡上へ。映画好きが高じて映画イベントを企画。

渡邉聡さん:
「PTA会長を経てこの4月から加わりました。普段は仕事で全国を飛び回っていますが、郡上から東京日帰りや仙台日帰りもできますよ。ネット環境も悪くないので在宅ワークも可能です」


▲趣味は人と交流すること。地元で好きなのは、幼少期から変わらぬのどかな川の眺め。普段の仕事は省エネ環境ビジネス等の営業関連。

本田教治さん:
「いつも地域のことばかり考えていて、この協議会では、すべてを担当しています。『何としても相生の起爆剤になりたい』という想いと、住民の方々に喜んでもらえることが活力の源です!今日来られなかった若手メンバーも含め、『共通の目標を、世代を超えてかなえたい』と思っています!」


▲趣味と本業はスクリーン印刷でのものづくり。また自宅周辺には「1000㎡の汗と努力の芝桜」で観光スポットを創出。

村瀬正人さん:
「これまで約40年、PTAから自治会、この協議会の会長、と地元に必要なことを何でもやってきました。座右の銘は『頼られたら応える人であれ』という父の言葉。地域に貢献したい、という気持ちの方を待ってます。最終ゴールは自立できる地域づくりや、持続可能な地域づくりですが、今回はまず、その基礎を一緒に作っていきましょう


▲会長はふだん保険代理業を営み、晩酌のお供は芋焼酎と鶏の郷土料理「かわきも」。

 

チャレンジ精神ある方からのご応募、お待ちしています!

 

おまけ:「相生」の魅力をもっと

 

◆動画で見る
https: //youtu.be/bayYLZf0KMg

 

◆現地でつながる
∟ほかの地域おこし協力隊
郡上市内には、何名かいるので、仲間と交流することも可能です。

∟キーパーソン
また相生には、郡上全体の観光施策を、長年にわたって動かしてきた仕掛け人もいるので、意見やアドバイスがもらえることも。


▲大滝鍾乳洞など複数の施設を有する「郡上観光(株)」代表の河合徹さん。中部エリア全般の観光マーケティングに精通。

 

◆場所を知る

▲郡上は、名古屋から高速バスで76分のアクセス良いエリア

 

編集・文/竹内葉子(トレスクリエイト)
写真/西澤智子

 

都道府県+市町村岐阜県郡上市
募集状況募集中
勤務地岐阜県郡上市八幡町相生地区
給与月額200,000円(賞与・時間外手当・退職手当はありません。)
福利厚生・福利厚生(健康保険、国民年金)は隊員負担となります。
・活動に必要な経費で市の規定するものについては、市の予算の範囲内で支給します。
・住居は協働団体が準備します。
居住地:岐阜県郡上市八幡町相生地区
・引越しに必要な経費、家財全般については隊員負担とします。
・協力活動終了後は、定住支援を行います。
仕事内容人口減少が進む中で、地域の活かしきれていない観光施設や地域資源を有効活用し、自立できる地域づくりを進めていくことが大きなミッションです。
(1)地域の資源を活用した産業振興の仕組みづくり
・地元産農作物を拠点施設や軽トラ朝市等へ流通する仕組みの構築
・軽トラ朝市の常設化の仕組みづくり
・地域の地場産業(木工、スクリーン印刷等)の魅力再構築と情報発信
(2)観光施設及び観光資源の有効活用及び集客方法の検討による仕組みづくり
・既存観光資源である天然温泉や鍾乳洞等の有効活用の検討及び観光客等の集客方法の検討
(3)地域の情報発信
・SNS等を活用した地域の魅力発信
(4)相生地域における地域活性化に向けた諸活動
・地域住民の交流の場の創出や地域参画を促す仕組みづくり 等
応募資格(1)3大都市圏をはじめとする都市地域等(※)に在住する方で、活動期間中郡上市に住民票を異動できる方
(2)心身ともに健康で、地域協力活動に意欲と情熱を持ち地域住民とともに積極的に取り組める方
(3)ワード、エクセル及び電子メールなど一般的なパソコンの操作ができる方 
(4)普通自動車運転免許を所持し、実際に運転できる方
(5)やる気があり前向きな取り組みができる方
(6)SNS等を利用した情報発信ができる方

※「3大都市圏をはじめとする都市地域等」:埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県の区域の全部または、過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法(みなし過疎、一部過疎を含む)、山村振興法、離島振興法、半島振興法、奄美群島振興開発特別措置法、小笠原諸島振興開発特別措置法、沖縄振興特別措置法のいずれかの対象地域・指定地域を有さない市町村
選考プロセス【提出書類】
①履歴書
②応募動機及び自己PR(A4用紙に400字以内)
(① ②を郵送またはメール等により提出してください。)

【審査方法】
・第1次選考:書類審査にて選考し、選考結果は応募者全員に文書で通知します。
・第2次選考:第1次審査合格者に対して、面接(会場:郡上市八幡町)を行います。詳細(日時、場所等)については、書類審査結果を通知する際にお知らせします。新型コロナウイルス感染症の感染状況によってはオンラインでの対応となる場合があります。
・面接にかかる旅費については、自己負担となります。
採用問い合わせ先〒501-4297 岐阜県郡上市八幡町島谷228番地 
郡上市役所 市長公室政策推進課  地域おこし協力隊申込係 まで
TEL:0575-67-1844
FAX:0575-67-1711    
Mail:seisaku@city.gujo.lg.jp
担当:牧野
備考・その他【委嘱期間】
委嘱の日から令和5年3月31日(最長令和7年3月までの延長あり。(年度ごとの更新)ただし、協力隊員として相応しくないと判断した場合は、委嘱期間中でも委嘱を取り消すことができるものとします。)

【協働団体】
(郡上市では隊員のコーディネートを地元地域づくり団体等へ委託しています。)
相生地域づくり協議会 代表者 村瀬正人

【活動日・活動時間】
原則、1日あたり7時間45分とし、1月当たりの活動日数は、20日を超えない範囲とする

【身分】
「郡上市地域おこし協力隊設置要綱」に基づき、市長が委嘱します。隊員は市の委嘱を受け、役務の提供などに対する謝礼として報償金の支給を受けるものとし、隊員と郡上市との間に雇用関係は存在しません。

人気記事

新着記事