移住支援制度を活用して、「都市の暮らしやすさ」No.1の佐賀市に住む

美しい日常があるまちへ

「都市の暮らしやすさ」No.1
“自然と都会のいいとこどり”ができるまち

九州の北西部に位置する、佐賀県佐賀市。

北部には季節の移ろいを告げる緑豊かな山々、南部には日本最大の干潟を有する「有明海」が広がり、隣県・福岡には特急電車で約40分(佐賀-博多間)と通勤・通学圏内にあるなど、“自然と都会のいいとこどり”ができる住環境が魅力です。

羽田から飛行機で約1時間30分、成田から約2時間。福岡からは特急で約40分の好アクセス。

広大な田園風景が広がっている佐賀平野

佐賀市は、野村総合研究所が国内100都市を対象に実施した2017年の「成長可能性都市ランキング」で、「都市の暮らしやすさ」1位、「子育てしながら働ける環境がある」まち3位に選ばれています。(参考:https://www.city.saga.lg.jp/main/40663.html

このランキングは、「多様性を受け入れる風土」、「創業・イノベーションを促す取り組み」、「多様な産業が根付く基盤」、「人材の充実・多様性」、「都市の暮らしやすさ」、「都市の魅力」の6つの視点から、131の指標を用いて各都市を定量的に分析したもの。

佐賀市は、住宅価格や物価などの生活コストが他都市と比較して全般的に安いこと、人口あたりの医療機関や飲食店数が他都市と比べて多く、日常生活の満足度が高いことから、「都市の暮らしやすさ」1位に輝きました。

「子育てしながら働ける環境がある」3位に選ばれたのは、地域コミュニティーの絆の強さを感じている人や、困ったときの相談相手がいる人の数が多いことから。共働き世帯へのサポートも充実していて、待機児童はほぼ0名。小児科がある医療機関も多数あり、休日や夜間の急な体調不良にも対応する「休日夜間こども診療所」も開設しています。

都会暮らしの利便性を落とさず生活コストを下げることができ、人と人とのあたたかい繋がりの中で暮らせる佐賀市は、単身者も子育て中のご家族も、安心して暮らせるまちです。

 

グルメや観光、季節のイベントも充実!

海、山、大地、全ての環境に恵まれた佐賀市は、佐賀牛や佐賀海苔など、恵まれた自然環境を活かした良質な食べ物の生産も盛んです。

そんな佐賀市を代表するイベントが、毎年秋に開催されるアジア最大級の国際熱気球大会「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」。

100機を超える色とりどりのバルーンが世界中から集い、大空を優雅に舞う様子はまさに圧巻!

毎年80万人以上の観光客が集まり賑わいます。

さらに、古くから湯治場として名高い「熊の川温泉」や、優れた泉質から美人の湯と名高い「古湯温泉」などの名湯も、日々の暮らしの中で楽しむことができるまちです。

▼古湯・熊の川を舞台にしたプロモーション動画「本当にあったぬるい話」
http://www.saga-city.jp/nuruyu/

 

佐賀市の支援制度を活用して、賢く移住しよう!

佐賀市への移住を希望する方にぜひ活用していただきたいのが、移住者支援制度。

佐賀市では、東京圏から佐賀市に移住し起業や就職をされた方に、移住支援金として単身移住60万円世帯移住100万円を支給しています。

▼佐賀市移住者支援金について
https://www.city.saga.lg.jp/main/56163.html

さらに、テレワークなどを活用して佐賀市に滞在する都市圏の企業とその企業の従業員に対する支援も実施中。

▼テレワーク型企業誘致推進事業について
https://www.city.saga.lg.jp/main/65408.html

佐賀市の地域性や実際の暮らしについてもっと知りたいという方のために、様々な角度から佐賀市の魅力を伝える個性豊かな動画も公開しています!

▼佐賀市制作のプロモーションムービー
https://www.city.saga.lg.jp/promotion/main/3.html

その他、佐賀市の移住支援に関する最新情報は、佐賀市シティプロモーション室のHP「移住の心配なんもなか。住むなら佐賀市へ」で随時発信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

移住の心配なんもなか。住むなら佐賀市へ
https://www.city.saga.lg.jp/promotion/main/987.html

 

佐賀市民の声

実際に佐賀市に移住した方や地元住民の方々は、佐賀市での暮らしをどんな風に感じているのか。

地元に密着したラジオ局・FM佐賀で放送中の番組「CHANGE」に、佐賀市在住のリスナーから寄せられた「佐賀の魅力」をご紹介します!

“佐賀市と言えば、県庁所在地としての都会的な面もありながら、どこに行っても渋滞知らず。買い物する時もあまり行列することもなく、ノンストレスで生活できます。住むなら絶対佐賀市です!
無料で参加できる子育てサークルも多いし、子育てもしやすいですよ!“

 

“自分が佐賀市で気に入っているのは「ちょうどいい」ところです。
学生時代と社会人時代は転勤で福岡にも住みましたが、人の多さと生活コストの高さでゆっつらーとなかった(のんびりできなった)です。その点、佐賀市はちょうどいい!医者にかかるにも、買い物するにも、どっかに車を停めるにもちょうどよかんびゃー。
佐賀市にいることで、九州各県が程よい距離の遠出先になって休日も充実!もう他の地域に移ることはないと思います!”

 

“毎年開催されるバルーンフェスタは、動物やキャラクターの形の変形気球を見られて、楽しくていい所ですよね。
その他にも、佐賀市は巨石パークや佐賀城本丸歴史館、大隈重信記念館など、見どころ一杯!
明治・大正期の歴史的建造物が集まっている佐賀市歴史民俗館は、佐賀の歴史や文化を見学しながら学ぶことができて面白くて楽しいですよ!旧古賀銀行内にある「Restaurant & Cafe 浪漫座」は、ノスタルジックな雰囲気の店内でおいしいランチやコーヒーが頂けて最高です!“

 

“私の生まれ育った佐賀市で好きなのは、広大な佐賀平野です。 どこまでも自転車で行けるのが魅力的です。
好きなサイクリングスポットは徐福(じょふく)サイクルロード。桜が咲く頃のサイクリングロードは格別です。桜のトンネルがずーっと続く風景が大好きです。学生時代の通学路。懐かしいなぁ。
空港周辺の一面田畑しか見えない広大な風景も好きです。
やはりなんだかんだで地元が一番落ち着きますね。”

 

“佐賀市と言えば、私は諸富町(もろどみちょう)と蓮池町(はすいけまち)。以前の仕事で担当していた地域で、たくさんの人達にお世話になりました。

おおらかで寛容な人が多く、家の中に上げてくださる方も多くて、でっかい音がする玄関チャイムを何度鳴らしても出てこないおじいちゃん宅では、勝手に上がって行って寝ているところを起こしても大丈夫だったり。(笑)別のひとり暮らしのおばあちゃんは、家に遊びにいくと必ず1時間以上は世間話。(笑)
町中で声をかけてくださる方、顔を覚えてくれてて手を振ってくれる子供たち。
人がおおらかでまちの雰囲気も良く、どちらもとても良いところですよ!”

 

“佐賀市に移住して11年になりましたが、空がホントにキレイ!生粋の佐賀市民の主人に、会社の帰りの夕日のコントラストが!と何度も言いますが、フツーだそうで何も思わないって。。もったいない!
時々写真撮ってSNSにあげて、地元熊本の友達にスゴイだろ!って言ってます。気付いてほしいなぁ佐賀市民!”