TURNS

【求人】ヨソ者目線で地域の“いいところ”を発掘する1年間
北海道北見市 地域おこし協力隊

北海道の東部に位置するオホーツク圏最大の都市・北見市をご存知でしょうか?

東京・羽田空港から1時間50分、さらに車で約50分ほどで到着。
北見市は道内で最も広い面積を誇り、農業や漁業が盛んで、雄大な自然に囲まれた暮らしができる地域。それだけではなく、旭川や帯広、釧路といった地域をつないでいる場所でもあり、医療機関や商業施設も集まっているので、都市型生活を可能にしています。

現在の北見市は、2006年に北見市、端野町、常呂町、留辺蘂町が合併したまち。そのため、市内各地に都市機能を有しており、広大な田園風景・道内屈指の温泉郷など、暮らしの魅力がぎゅっと詰まっています。


常呂の魅力を内外に!
地域おこし協力隊「ところ観光コンシェルジュ」を募集!

そんな地域資源が魅力的な北海道北見市で、常呂地域の歴史と貴重な宝をこれまで以上に活用し、地域をさらに盛り上げていく地域おこし協力隊「ところ観光コンシェルジュ」を募集します。

地域おこし協力隊になると、生活拠点も北見市に移すことから始まり、地域の一員となって、地域に根差した活動をすることになります。
協力隊の魅力は、自分自身の経験してきたことを生かすことができたり、長く暮らす人たちとはまた異なる視点を持ってまちの魅力を発見していく面白さといったことにあります。

 

日本有数のホタテ産地・常呂(ところ)

日本有数のホタテの産地として知られる常呂(ところ)地域は、人口約4,000人という少々こじんまりとしたまちではありますが、海の幸も山の幸も豊富。

小麦、じゃがいも、ビート(砂糖の原料になるもの)の畑作を中心とした農業、さらには、オホーツク海、サロマ湖に面していてホタテ漁や鮭定置漁の漁業が盛んです。

ほかにも、日本最大級の原生花園で北海道遺産にもなっている「ワッカ原生花園」や、謎の海洋民族オホーツク人が暮らしたとされる「常呂遺跡」、日本一の氷質を誇る屋内カーリングホールを有するなど、多くの著名な観光、文化、スポーツ資源に恵まれている地域なんです。

ちなみに、北見市は“カーリングのメッカ”といわれるほど日本の有力選手を輩出していて、常呂を拠点にする女子カーリングチーム「ロコ・ソラーレ」は日本代表として冬季五輪で銅メダルを獲得するなどの大活躍をして、カーリングのムーブメントを起こしています。

地域おこし協力隊として、常呂の魅力を北海道内外に広めていく主な活動は、4つ。

・観光ガイド、地域情報の発信
・地域イベントへの参加、支援
・観光資源の発掘と体験型観光プランの開発
・常呂町観光協会事業への支援

現在、北見市で活躍する地域おこし協力隊も、移住パンフレットを制作したり、暮らしに触れることができる1dayツアーを企画したりと、活動は多岐にわたります。
※詳しくはこちら!
http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2016040400081/

外からの目線を大切にしながら、日々の暮らしをみつめ、地域内の人にとっても新たな北見市の発掘していく活動です。

任期中は、地域のイベントや北見市に暮らす人々との交流が多くあります。地域おこし協力隊として、地域の人々の町への想いに触れ、未来の常呂をつくるきっかけを担う貴重な機会になるはず。

北見市では、

人口減少や少子高齢化の進行が相まって、地域の活力が減っていくことに危機感を抱いているからこそ、

・「常呂」というまちに関心を持って活動してくれる人
・情熱を持って取り組める人
・土日や祝日といった時間でも、イベント参加など積極的に関わっていこうと思う人

こんな人たちと一緒に、常呂を盛り上げていきたいと思っています。

地域おこし協力隊としての任期は、1年間。
その後は、1年を通して活動してきた経験を生かして起業する道があったり、自治体やまちの企業に職員として就職する道もあったりと、進む道はさまざまに広がっています。
常呂の魅力を内外に伝えていく活動から、まちだけではなく、新たな自分を発見できるきっかけになるかもしれません。

自然に囲まれながらも、都市型の生活ができる北海道北見市。
常呂での活動や地元の人たちとつながり、常呂のいいところに触れて、新たな価値を発信する活動をしてみませんか?

写真:北見市【提供】、文:草野明日香

都道府県+市町村北海道北見市(常呂自治区)
募集状況募集中
勤務地北海道北見市(常呂自治区)
募集職種北見市地域おこし協力隊「ところ観光コンシェルジュ」
雇用形態北見市非常勤嘱託職員取扱規程(平成23年3月29日訓令第8号)第1条に定める嘱託職員
給与179,200円(社会保険等の自己負担分含む)/月
※その他特別報酬については、当市募集ページ参照
福利厚生月額 179,200円(社会保険等の自己負担分含む)
※その他、特別報酬が支給されます。
・通勤手当~通勤手段及び通勤距離に応じ支給
・期末手当~ 6月:月額報酬の額に100分の50を乗じて得た額を支給
12月:月額報酬の額に100分の100を乗じて得た額を支給
仕事内容常呂地域の観光振興を促進するための事業
(1) 観光ガイド、地域情報の発信
(2) 地域イベントへの参加、支援
(3) 観光資源の発掘と体験型観光プランの開発
(4) 常呂町観光協会事業への支援
勤務時間原則、月曜日から金曜日の週5日間
8時45分~17時半のうち指定する時間 (1週29時間勤務)
※活動内容によって、土日祝日の勤務や、勤務時間帯が変更となる場合があります。
応募資格次のすべての条件を満たす方。
(1) 申込時点に次に掲げる地域に住所を有する方
ア 三大都市圏内の都市地域、政令都市に住所を有する方
イ 三大都市圏内の一部条件不利地域、若しくは政令都市で一部条件不利地域の
うち、「条件不利区域」以外に住所を有する方
ウ 三大都市圏外の政令都市に住所を有する方
エ 三大都市圏外の政令都市で一部条件不利地域のうち、「条件不利区域」以外に
住所を有する方
※現住所が該当するか不明な際はお問い合わせください。
(2) 概ね25歳以上50歳以下の方
(3) 採用後に本市へ住所を移動させ、定住することができる方
(4) 普通自動車免許を取得しており、日常的な運転に支障のない方
(5) 地域活性化に関心があり、地域と協調する意思があり、積極的にコミュニケーションをとっていける方
(6) パソコンの一般的な操作(ワード、エクセル、電子メール、SNS等)ができる方
(7)地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条に規定する欠格事項に該当せず、心身ともに健康で、誠実に業務を行うことができる方
募集期間平成30年11月1日~30日(書類郵送必着)
選考プロセス第一次選考(書類審査)
第一次選考結果通知 平成30年12月上旬予定
第二次選考(面接審査) 平成31年1月中旬予定
第二次選考結果通知 平成31年1月下旬予定
備考・その他【任用期間】
任用期間は原則〈平成31年4月1日~平成32年3月31日〉
※ただし、2年目以降更新の可能性あり。(最長3年…平成34年3月31日まで)
【その他】
(1)北見市への転入の手続きは、必ず採用決定後に行ってください。それ以前に住所を移動させると応募対象者でなくなり、採用の取り消しとなることがあります。
(2)日常の生活や通勤手段として、自家用車の持ち込みをお勧めします。
(3)選考の経過や結果についてのお問い合わせには応じられませんので予めご了承ください。
(4)提出された個人情報については本公募のみに使用し、その他の目的には使用しません。
(5)応募人数の多少にかかわらず、採用しない場合もあります。