スポーツの力で人と人をつなぎ、コミュニティの活性化に取り組む協力隊員募集中!

喜多方市地域おこし協力隊募集

会津地方の北部に位置する福島県喜多方市は、「日本三大ラーメン」のひとつに数えられる喜多方ラーメンの発祥地として、日本酒・味噌・醤油の醸造が盛んな「蔵のまち」としても知られる地域。

しかし近年、少子高齢化による人口減少と担い手不足、コロナ禍の影響を受け、地域行事が開催できなくなるなど、まちから活気が失われつつあります。そうした状況の中、喜多方市ではコミュニティの再生と活性化を図るため、2015年から地域おこし協力隊の受け入れを開始。現在は9名の隊員が活躍しています。さらにこの度、新しい協力隊メンバーとして、スポーツ振興活動を通して地域の活性化に取り組む「スポーツ振興コーディネーター」を1名募集することになりました。

「スポーツを通して地域に貢献したい」「自然と文化が豊かな喜多方で活躍したい」方は、お気軽にお問い合せください!

▼スポーツ振興コーディネーターの求人情報はこちら!

https://www.city.kitakata.fukushima.jp/site/iju-info/39283.html

 

スポーツが生み出す熱を波及させ、ともに地域を盛り上げたい


小林浩紀さん(左)と、冨田真紀さん(右)

今回、喜多方市のスポーツ振興コーディネーター募集を担当する、喜多方市教育委員会生涯学習課スポーツ振興室の冨田真紀さんは、生まれも育ちも喜多方市。自身もボート競技を30年以上愛好し、現在は指導者として若手選手の育成にも力を入れています。

冨田さん「以前は市内各地で祭礼や運動会が行われて、大いに盛り上がったものです。しかし今では少子高齢化が進み、後継者不足などによりお祭りや運動会などが開催できない地域も多くなってきました。特に終息の見えないコロナ禍の影響は大きいですね。地域のコミュニティが急激に衰退するとともに、市民のスポーツ意欲も著しく低下していることを強く感じています」。

その一方で、冨田さんとともに地域おこし協力隊募集に携わる、喜多方市企画政策部地域振興課きたかたぐらし推進室の小林浩紀さんは「暗い側面ばかりではない」と言います。

小林さん「喜多方市内には、スポーツをこよなく愛し、スポーツを楽しみ、仲間とともに感動や喜びを共有しようと活動する方や、これまでに培った経験やスキルを活かし、世界に羽ばたく人材を育成しようと熱心に活動する指導者もいます」。

スポーツを通じて集まる人々が新たにコミュニティをつくり出し、その熱が波及することで地域の活性化や市民のスポーツ活動の復活へとつながっていくはず。地域おこし協力隊に参加いただくことで、そうした方々と自治体を連携させて、ともにまちを盛り上げてほしい。冨田さんと小林さんはそう考えています。

今回は、市内で活躍するスポーツ愛好家の中から、「喜多方陸上クラブ」で子どもたちを指導する内島聖さん、実家の土産店を支えながら地元でダンスを教えるダンサーの甲斐枝里子さん、福島県eスポーツ推進協議会の代表としてeスポーツの普及に取り組む中河西宏樹さんをご紹介します。いずれも自分の得意分野を生かして、地域の活性化に貢献する方々です。

「喜多方市に移住して、スポーツを通じたまちづくりに一緒に取り組んでみませんか?」

 

私たちと一緒に体を動かす楽しさを味わってほしい

内島聖さん/喜多方陸上クラブ指導者


喜多方陸上クラブで子どもたちを指導する内島さん

喜多方陸上クラブは2021年に発足したばかり。それでもすでに約80人もの子どもたちが参加する人気クラブとなっています。代表を務める手代木裕司さんとともに指導に取り組むのは、内島聖さん。出身は宮城県ですが、日本体育大学で出会った奥さまと2009年に結婚して、喜多方市へやってきました。

普段は家業のきのこ農家の仕事に従事しながら、市内の中学校や高校の陸上部の練習に参加。自身の専門分野である円盤投げなどの投てき競技の指導に携わってきました。

「子どもたちは教えられるとすぐに伸びる。吸収も成長も早いんですよね。私自身もそんな子どもたちの姿に刺激を受けて、県大会で上位に入賞できるようになりました」と内島さん。

「もっと下の年代の子どもたちにも陸上競技の楽しさ教えたい」と考えるようになり、2年前からは喜多方市内の小学校の授業にも、陸上指導の特別非常勤講師として参加するようになりました。そんな時に妻の中学校の先輩である手代木さんと「地域全体を対象としたクラブをつくりたい」と意気投合。奥さまも含め3人で指導する喜多方陸上クラブを立ち上げました。

奥さま「特に今の中学生くらいの子どもたちは、幼少期には原発事故の影響で”外に出るな”と言われ、最近もコロナ禍で自由に外出できず、屋外で運動する習慣が作りにくいのが気になっていました。陸上クラブで体を動かす楽しさを思う存分味わってほしいです」。


地元できのこ農家として従事しながら、市内の学校を陸上指導で巡回

陸上クラブに参加するのは、喜多方市内の小・中学校の児童や生徒。運動会の障害物競走のようなサーキットランのほか、体に付けたタグを取り合う鬼ごっこなど、ゲーム感覚で楽しく体を動かします。「運動が得意な子は自分でいろいろ工夫をするので、あまり口出しせず、目を配りながらも自由にやらせています。逆に運動の苦手な子にはちょっとしたコツを伝えて”できるようになる喜び”を体感してほしいです」。

内島さんの指導を受けた生徒の中には、県の陸上競技大会に進出する子どもも出てきたそうです。「上のレベルに行けばまた見える視野も変わってきます。そんな経験をできるようなお手伝いをできたらうれしいですね」。

小学校の枠を超えて地域の仲間とともに汗をかく子どもたち。いずれ成長しても仲間として助け合える関係ができたらいい。内島さんはそう考えています。「今、市内の多くの地区で子どもが減って行事が開催できなくってきています。伝統のお祭りも他の地区の人が気軽に参加して一緒に盛り上げたりすることができれば、もっとよい地域になると思うんです」。

目下の課題は練習場所の確保。「グラウンドや体育館によって予約方法や利用ルールが違うんです。地域おこし協力隊になる方には、地域と自治体との連携をもっと強めるような活動をしていただけるとありがたいですね」。そんな期待も語って下さいました。

 

私にしかできない、私だからできる仕事を

甲斐枝里子さん/土産店、ダンス講師、ツアーダンサー


ダンス講師として地元の小中学生を指導する甲斐さん

甲斐枝里子さんは、幼い頃からモダンバレエをならい、東京に出てプロのダンサーとして活躍。2018年に喜多方市に戻り、家業である「合資会社甲斐商店」の後継ぎとして修業する傍ら、地元の子どもたちを対象にダンススクールを主催しています。

「アーティストのツアーダンサーやイベント・CMなどの出演、ダンスインストラクターなど、東京での仕事が充実していたこともあり、本当は喜多方に戻ってくるつもりはありませんでした。でも、祖父が亡くなった時に葬儀に多くの方が参列してくださり、多くの地元の方々に支えられて家業が続いてきたことを実感したんです。これは途絶えさせてはいけない。そう思いました」。

現在は、喜多方市と会津若松市で、平日夜にダンススクールを開講。対象は主に小中学生です。「自分で踊るのはもちろん、インストラクターとして生徒さんに教えるのも好きです。ダンスは人に元気を与えてくれますし、しなやかな身のこなしが自然に身につきます。何より練習で培った強い心は、一生の宝物となるはず。私自身そうでしたし、地元の子たちにもそんな経験をしてもらいたいと思っています」。


甲斐商店の後継者として、地酒のアピールに取り組む

甲斐さんの実家である甲斐商店は、明治43年創業の老舗土産店。JR喜多方駅の目の前にあります。跡取りとしての勉強にも余念がありません。「私の生まれ育った喜多方市は、良質な水と肥沃な土壌に恵まれているので、水や米を原料とした酒造業も盛んなんです。地域の酒蔵の方々も世代交代してきているので、うまく連携して、喜多方にいいお酒がいっぱいあることをもっと広くアピールしていきたいですね」。地元の日本酒を紹介する「KaiEri頒布会」を企画するなど、甲斐さんならではのアプローチにも着手しています。

現在も女性シンガーのツアーダンサーとして、夏の全国ツアー、冬のディナーショー、またプロモーションビデオの撮影などに呼ばれ、東京と喜多方を行き来する甲斐さん。「土産屋の跡取り、ダンススクールの講師、ダンサー、すべて大事な仕事です。私にしかできない仕事、私だからできる仕事がきっとある。そう思って取り組んでいます」

 

eスポーツを通じて世代を超えたコミュニティをつくり、地域のにぎわいを取り戻したい

中河西宏樹さん/福島県eスポーツ推進協議会代表


eスポーツの普及を通じて地域の活性化を図る中河西さん

「eスポーツ」とは、電子機器を使う対戦ゲームをスポーツ競技として捉えたもの。2010年代頃からゲームメーカーなどが競技大会を開催するようになり、世界的な規模に広がりつつある、新ジャンルのスポーツです。2017年に行われた調査では、eスポーツの視聴者は世界中で3億8500万人以上いるそうです。

そんなeスポーツの普及に取り組んでいるのが、中河西宏樹さん。福島県古殿町出身で、本業は自動車修理業の経営ですが、「福島県eスポーツ推進協議会」の代表という、もうひとつの顔を持って活動しています。2019年12月には、eスポーツスタジアムの立ち上げを、クラウドファンディングで目標金額の141%で達成。福島を拠点に、eスポーツによる若者中心のコミュニティの輪を広げ、地域を盛り上げようとしています。

中河西さんがeスポーツという競技の存在を知ったのは2018年のこと。「もともと高校生の頃まではゲームが大好きで3日間徹夜してのめり込むほどでした。でも、ふと”こんなことやって何になるんだろう”と冷めてしまって、一切ゲームをやらなくなったんです」。

その後、お兄さんの影響もあって、車に夢中に。大学時代には自動車修理会社で経験を積み、大学を中退して独立。経営に没頭していったそうです。

「そんな時に、たまたまeスポーツの大会を目にする機会があったんです。プレーヤーと大観衆が熱狂している様子は、スポーツの国際大会そのものでした。『ゲームの腕前がこんな形でみんなに評価される場があったのか』と驚きましたし、『自分が高校の時にeスポーツと出会えていたら、どんな人生を歩んでいたのだろう』と思いました。多様化進むこれからの時代を生きる子どもにとって、勉強や運動以外に評価される場あったほうが、より幸せになれるんじゃないかなと思いました」。

そこで中河西さんは自己資金を投じ、JR郡山駅前にビルを購入。さらに多くの人がeスポーツを楽しめるようにしたいと、クラウドファンディングを通してビル内の整備費用を集めることに成功しました。現在は、郡山市周辺を中心にeスポーツを紹介するイベントや競技大会の開催などに尽力しています。


子どもたちの可能性の芽を育む機会を大切にしている

「eスポーツはインターネットを通じて世界中のどこからでも参加できるので、地方でもハンデはありません。経験やスキルを上げるために東京に出る必要はないんです。逆に地元で大会を開催すれば、日本全国、場合によっては海外からも人が集まってくる。eスポーツを通じて、これまでにない新しいコミュニティが生まれると信じています」。

イベントを手伝う若者の中には引きこもりを経験した人もいるそう。「でもeスポーツを楽しむ場があれば外に出られると話す子もいるんです。eスポーツは社会との接点にもなり得るんですよね」。

さらに中河西さんは世代を超えたつながりができることにも着目。「例えばご高齢の方にとっては、手や指、反射神経を使うことで脳や身体機能の活性化が期待できますし、孫の世代に操作を教えてもらうことでコミュニケーションも生まれます。楽しいことなら無理なく多世代が交流できるのではないでしょうか」。

コロナ禍でも、予選会を増やして限られた人数で安全に開催するなど、さまざまな工夫をしてこらしているのだとか。「今後はさらにeスポーツを普及させ、あらゆる世代の人が集まれる場をつくりたい。そこから地元の賑わい再生へとつなげていきたいですね」。それが今の中河西さんの目標です。

 

スポーツのスキルや経験を活かして、人生を変えてみませんか?


蔵をイメージして建てられた、JR喜多方駅の駅舎

内島さん、甲斐さん、中河西さんは、それぞれに自分の好きなことを活かし、自分が得意とする分野で活躍しています。3人に共通するのは、ただ地域に貢献するだけでなく、活動を通じて生きがいを得て自己実現を果たしていること。

喜多方市が募集する地域おこし協力隊の制度も、未来への情熱を燃やす若者に活躍するチャンスを掴んでほしいという思いから始まりました。「自分の得意なスポーツのスキルや知識を地域や人のために役立てたい」「心機一転、自然と文化の豊かな地域に移住してみたい」方は、喜多方でその思いに火をつけてみてはいかがでしょうか。

 

文:渡辺圭彦 写真:渡辺 慎一郎

都道府県+市町村福島県喜多方市
募集状況募集中
勤務地喜多方市役所生涯学習課(喜多方市字御清水東 7244 番地 2)
募集職種地域おこし協力隊(スポーツ振興コーディネーター)1名
雇用形態市の雇用
【身分】
パートタイム会計年度任用職員(地方公務員法第 22 条の 2 第 1 項第 1 号)
給与164,640 円/月
市の基準により通勤手当相当額・期末手当を別途支給します。 所得税及び健康保険・厚生年金・雇用保険への加入に伴う保険料等の本人負 担分が控除されます。
福利厚生【住居】
家賃は月額 30,000 円を上限に市が負担します。上限を超える場合は、一部 自己負担が生じる場合があります。 光熱水費や家財等への保険料は本人負担となります。
【活動費】
予算の範囲内で市が準備します。
仕事内容(1)スポーツ愛好者や指導者との新たなネットワークづくりとまちづくりの企画・実施
(2)子ども達にスポーツの魅力を伝えるための取組
(3)「e スポーツ」など新たなツールを取り入れた取組の企画・実施
(4)自身の専門種目を活かした新たなスポーツ振興策の企画・実施
勤務時間週4日勤務。通常の勤務時間は、8:30~17:15 ただし、土日、祝日又は勤務時間外に勤務をした場合は、勤務日及び時間等の振替を行います。
【雇用期間】
(1)採用日から 2023 年3 月 31 日まで。
(2)採用日から最長3年間の雇用延長が可能。
(3)地域おこし協力隊員としてふさわしくないと市長が判断した場合は、任期中であっても任用を取り消す場合があります。
休日休暇年次有給休暇等が付与(1年目 10 日以内※、2年目 11 日、3年目 12 日)されます。
※採用日により付与日数が異なります。
応募資格次の(1)から(2)までのすべての要件を満たす者。
(1)次に該当する者
ア 2022年4月1日現在、年齢20歳以上の方。性別は問いません。
イ 地域活性化に積極的に取り組み、隊員期間満了後においても本市に定住する意欲のある方。
ウ 心身ともに健康で誠実に職務を行うことができる方。
エ 三大都市圏をはじめとする都市地域等に在住し、採用後、喜多方市に住民票を異動し、生活拠点を移すことができる方。
オ 普通自動車免許を有している方。
カ パソコンの基本(ワード、エクセル、パワーポイント等)操作ができる方。
キ スポーツを愛好し、スポーツ振興の知識や関心のある方。
ク 日本スポーツ協会公認指導員等資格のある方が望ましい。
(2)次のいずれにも該当しない者
ア 禁固以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わるまで、又はその執行を受けることがなくなるまでの者。
イ 喜多方市職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
ウ 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者。
エ 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者。
募集期間2022年9月14日(水)から11月28日(月)まで。
※採用が決まり次第募集を終了します。 なお、募集期間経過後においても募集人数に満たない場合は、その都度選考を行います。
選考プロセス(1)応募書類
次の書類を持参または郵送により提出してください。 履歴書、応募用紙は、喜多方市ホームページからダウンロードできます。
ア 履歴書(市販のものでも可 ※顔写真を貼付のこと。)
イ 応募用紙
テーマ「私が地域おこし協力隊として取り組みたいこと」
※志望動機や意気込み、自身の経験等を、どのように活かして取り組むのかをご記入ください。
ウ 住民票抄本(直近1か月以内のもの)
エ 普通自動車免許証の写し
(2)選考方法
募集期間中であっても、一定数の応募があった場合は、その都度選考を行い、合否を決定します。
選考の結果、採用が決定した場合はその時点で募集を終了します。
①第1次選考:書類選考
提出された履歴書と応募用紙により都度書類選考を行い、応募者には都度結果を文書で通知します。
②第2次選考:面接選考
書類選考の合格者に対し、都度面接による選考を実施します。面接選考結果(合否)を文書で通知し、合格者を採用します。
(3)現地案内
地域おこし協力隊への応募前に活動地域や生活環境確認のため、希望者に対し、現地案内を 実施しています。
採用問い合わせ先喜多方市 企画政策部 地域振興課 きたかたぐらし推進室
電話:0241-24-5306
FAX:0241-25-7073
〒966-8601 福島県喜多方市字御清水東7244番地2
E-mail:chiiki@city.kitakata.fukushima.jp

人気記事

新着記事