【求人】「会津漆器」の技術を学び、 職人を目指す地域おこし協力隊を募集!

「漆器」とは漆の木から採取した樹液を、塗り重ねて作る器や小物のこと。誰もが一度は使ったり、目にしたことがある、日本を代表する工芸品です。
福島県の会津は、そんな漆器文化が根付く、全国有数の産地。会津で生産される漆器は「会津漆器」「会津塗」として高く評価されています。会津地方の北西部にある喜多方市も、古くから漆器生産が盛んに行われてきました。漆器店や工房が点在する通りは「うるし銀座」と名付けられ、観光スポットにもなっています。しかし時代の変化の中で、職人が高齢化。最盛期の400人からぐっと減少し、現在はわずか数人となりました。そこで今回は喜多方の漆器技術を学び、未来へと受け継ぐ地域おこし協力隊を募集します。

会津漆器とは?

会津で漆器が産業化されるようになったのは、およそ400年前。当時の領主蒲生氏郷公が、前任地の日野(現在の滋賀県)から職人を呼び寄せ、最先端の技術を伝えたことが始まりとされています。かねてより漆器のもととなる森林資源が豊富で、漆の栽培に適した土地であることも相まって、歴代藩主も漆器の製造を保護奨励。江戸時代に一大産地になりました。その後、紆余曲折ありながらも、1975年に国の伝統的工芸品に指定されています。

さまざまな種類のある漆器の中でも、喜多方では主に「丸物」と呼ばれるお椀などの製造が主流です。お椀といえば、日々の食卓に欠かせない食器。漆器のお椀は軽くて丈夫で、扱いやすいことから、喜多方では市内の小中学校の給食にも使用されています。子供のころから地場産業に触れる機会を作り、文化や歴史について学んでほしいというのが狙いです。

今回の地域おこし協力隊の受け入れ団体となるのが、会津喜多方漆器商工協同組合。職人への仕事の依頼のほか、上記の給食への取り組みも進め、漆器を広くPRしていく役割も担います。

理事長の鈴木秀雄さんに話を聞きました。

鈴木「かつては少品種を大量に生産していましたが、今は多品種少量生産の時代。消費者のニーズに合わせた商品が求められています。協力隊で来ていただく方には、私たちが気づかなかったような新しい視点で時代にあったものづくりを担ってほしいと考えています」

その上で技術を習得し、漆器に携わりながら定住してもらうのが理想とのこと。「きちんと認められるようになれば、仕事は切れないはず」と、卒業後の進路についても太鼓判を押します。

鈴木「漆器作りはデリケートで複雑。たとえ経験があっても熟練するまでには時間もかかります。地味な作業にもめげない、粘り強い性格の人には向いているかもしれませんね。自分らしい発想と感性で、会津漆器の世界に新しい風を吹き込んでくれる方をお待ちしています」

現役協力隊が語る、喜多方での年間の経験

続いて、地域おこし協力隊の齋藤傑さんと吉田真菜さんにも話を聞きました。ふたりは2019年に揃って着任。以降、ともに切磋琢磨しながら、技術を磨いてきました。齋藤さんは宮城県出身、吉田さんは広島県出身で、協力隊以前より漆器の経験者。なぜ、喜多方で地域おこし協力隊をすることを選んだのでしょうか?

齋藤さん

吉田さん

齋藤「以前は香川県で漆器の仕事をしていましたが、子どもができたのをきっかけに実家の宮城県に近いところに移り住みたいと考えたのと、以前から丸物に興味があり地域おこし協力隊に応募しました」

吉田「大学で漆を勉強しながらアートオブジェを作ったりするなかで、何度か会津に来る機会があったんです。そのときは半年間、職人の方に弟子入りして技術を学ばせてもらったりもしました。その後、一度は大学に戻りましたがもっと勉強したくて、応募したんです」

全国各地に漆器の産地はありますが、土地ごとに技法も違えば作るものも違います。喜多方では、木地と呼ばれる原型に漆を塗って仕上げる「塗師(ぬりし)」という役割があり、ふたりが学んでいるのはその伝統技法。それぞれに漆器作りの経験があったものの、一から勉強の日々でした。

師匠のひとり、長澤邦夫さん。御年80歳で趣味はロードバイク

吉田「ふたりの師匠からローテーションで学んでいます。それぞれ得意とする分野があるので、そこを集中的に教えてもらっていますね。最初は刃物研ぎやヘラ削りなど道具作りから始めました。今は、週に2回ほど山に行き、漆の樹液を採取する“漆かき”も勉強しています」

漆かきの様子

齋藤「基本的には師匠の仕事を見て覚え、自分でやってみて足りないところを教えてもらうような感じです。丸物はいかに表面を均一に仕上げるかが重要なので、体の軸をブラさず塗るのが大変なんです。それなのに師匠の仕事中の後ろ姿は本当にかっこよくて(笑)。長年現場で活躍してきた方に直接教えてもらえるというのも貴重な機会だと思っています」

作業は主に組合の事務所内で行い、冬で足場の悪い時などは師匠の家に出かけて行って教えてもらうことも。時には一緒に山で山菜を採ったり、喜多方名物のラーメンを食べに行ったりして、会津を満喫できたのもいい思い出だそう。11月に任期を終えた後は、齋藤さんは喜多方で漆器職人に、吉田さんは引き続き喜多方と関わりながら工房兼ギャラリーを開く予定です。

齋藤「喜多方は自然豊かでごはんもおいしいんです。特に自分で作った器で食事をすると、漆器の良さもわかってもっと広めたいと思うはず。不安がらずに飛び込んでほしいですね」

アイデアを生かし、新たなチャレンジも可能

一般的に漆器職人を目指す人は、各地の職人養成所に通うか、師匠に直接弟子入りするかが主な入り口でした。さらに全国に漆器の産地はあるものの地域おこし協力隊として職人を募集している例は少なく、「オープンな場で学べる環境がありがたかった」と齋藤さん。

一方の吉田さんは新たな商品開発や会津漆器のPRに携わったことも自信につながったと話します。

吉田「協力隊として活動するなかで、漆塗りのアイススプーンを製作して販売したり、「ぐい呑みくじ」の企画を実現できたのはうれしかったことです。師匠たちに『こういうものを作ってみたい』と相談したら、『じゃあ、やってみるか』と企画から販売店の交渉まで自由にやらせてもらえて。良い経験になりました」

吉田さん企画の「ぐい呑みくじ」。巾着に入った8種の酒器がランダムに購入できる。喜多方市内の酒蔵などで販売し、400個が1カ月でほぼ完売した

技術を伝承する一方で、若い感性を尊重し、将来につながる経験をさせてもらえるのも地域おこし協力隊ならでは。職人としてはもちろん、地域の人と関わるなかでもたくさんの学びがあったようです。

最後に協力隊のふたりから応募を検討している方に向けメッセージをいただきました。

齋藤「漆器は“お椀に始まりお椀に終わる”と言われた事があります。それほど丸物の技術は重要なんです。まだまだ修行の身ですが、これからも喜多方で活動していくので、新しい協力隊の方とも関わっていけたらなと思います」

吉田「漆器を訪ねて全国各地を周った時に、一番若手が多くて活気があったのが会津でした。ここなら心が折れそうになった時も、仲間と一緒にがんばっていけると思って選びましたが、実際にたくさん助けてもらいました。漆が好きな気持ちはもちろんですが、自分の作業の手を止めても教えてくれる師匠たちに感謝し、愛を持って取り組んでほしいですね」

伝統産業、職人という言葉には、ハードルの高さを感じてしまうかもしれませんが、現役協力隊のふたりからは喜多方で暮らしながらのびのびと技術習得に励む様子が伝わってきました。もちろん、経験者なら仕事は覚えやすいかもしれませんが、漆器と関わった経験がなくてもやる気と努力を惜しまない気持ちがあれば大丈夫とのこと。「時代に合わせた漆器の魅力を伝えたい」「新しいものづくりに興味がある」という人にはぴったりの仕事です。

喜多方の地で大切に育まれてきた伝統の技を受け継ぎ、未来へとつなげていく、そんな熱意ある方からのご応募をお待ちしています。

 

文・渡部あきこ 写真・白石ちか

 

都道府県+市町村 福島県 喜多方市
募集状況募集中
勤務地団体名:会津喜多方漆器商工協同組合
住所:福島県喜多方市古寺8625-10
募集職種福島県地域おこし協力隊 喜多方市「会津塗」
採用予定者数 2名
雇用形態福島県と喜多方市が協同で設置するため、福島県及び喜多方市のそれぞれから委嘱します。採用日から12か月目までは、福島県が定める身分(会計年度任用職員)となり、採用日から13か月目以降は喜多方市の定める身分となります。
福島県での身分として、採用日から12か月目までは福島県の特定会計年度任用職員(地方公務員法第22条の2第1項第1号に規定する非常勤の一般職)となります。また、13か月目以降の市町村での身分についても同様に会計年度任用職員となる予定です。
※会計年度任用職員は、地方公務員法上の服務に関する規程が適用されます。
※地域おこし協力隊は複数年(最長3年)活動できますが、任用及び委嘱は年度毎となります。
給与報酬日額 9,640円(月額換算:163,880円)
通勤手当相当額(月 2,600円を限度)を支給
※県の規定に基づく期末手当を支給します。
※退職金はありません。
※住居については、勤務先となる受入団体が借り上げる予定ですが、家賃の額によっては一部自己負担があります。
福利厚生・年次有給休暇等があります。
・健康保険、厚生年金保険、雇用保険に加入します。
・副業は可能です(県及び市への報告が必要)。
・地方公務員法上の服務規程(服務の宣誓、法令や上司の職務上の命令に従う義務、信用失墜行為の禁止、秘密を守る義務、職務に専念する義務、政治的行為の制限など)が適用され、服務規程に違反した場合には懲戒処分の対象になります。
・引っ越しについては、最大で117,800円の補助を行います。
仕事内容地域おこし協力隊の任期終了後、伝統の技をいかして会津喜多方漆器の職人として従事又は独立・起業することを目標に、以下の事業の推進に当たります。

ア 業務詳細
・喜多方市内の漆器職人の指導を受け、会津喜多方漆器に関する基礎知識、製作工程全般における基礎的な技術(塗をメインに漆掻きも含む)の習得
・会津喜多方漆器のブランド価値の向上に向けた商品開発研究(新たなデザイン、企業やアーティスト等とのコラボレーションなど)及び市場ニーズの把握、販路開拓のための取組
・会津喜多方漆器に関する情報発信とPR(SNS等による情報発信、県内外のイベントへの出展、会津喜多方漆器を活用したイベントの企画運営等)の実施
・その他、喜多方市の地域活性化及び会津喜多方漆器の新たな可能性に挑戦する業務

イ 期待する成果
・会津喜多方漆器の知識・技術の習得や漆器を活用した商品開発等による地域への定住・定着(職人としての就業又は起業のほか、地元企業に就業しながら副業として漆器の生産を行うなど)
・イベントやSNS等による情報発信、体験型観光などによる会津喜多方漆器の認知度及びブランド価値の向上
・会津喜多方漆器や地域資源を活用した生業の創出
勤務時間午前8時30分から午後5時15分まで
(1日につき7時間45分を超えない範囲において、1週間につき29時間以内で始業時刻及び終業時刻を別途割り振ります。また、休憩は1時間とします)
休日休暇土、日、祝日及び12月29日から翌年1月3日までは休日となります。
また、休日出勤の場合は勤務日を振り替えます。
※6~10月は漆掻き実施のため、4日に1回程度、漆林での作業があり、天候等により休日出勤と振り替えが多くなる場合があります。
応募資格 次のアからカまでのいずれにも該当する者が応募できます。(男女を問いません)

ア.会津塗の文化や技術の継承、新たな付加価値の創出に強い志を有し、提出日時点で心身共に健康な者

イ.3大都市圏内の都市地域(※1)又は地方都市(条件不利地域(※2)を除く)に居住する者(※3)で、採用後、勤務地に住民登録し、生活の拠点を移すことが可能な者

※1 「3大都市圏」とは、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県の区域の全部
※2 条件不利地域とは、次の①~⑦のいずれかに該当する地域とする。
①過疎地域自立促進特別措置法、②山村振興法、③離島振興法、④半島振興法、⑤奄美群島振興開発特別措置法、⑥小笠原諸島振興開発特別措置法、⑦沖縄振興特別措置法 に指定された地域。
※3 次のいずれかに該当する者は、居住地要件の例外として扱う。
・これまで地域おこし協力隊として同一地域で2年以上活動し、かつ、解嘱から1年以内である者
・語学指導等を行う外国青年招致事業(「JETプログラム」)を終了した者で、JETプログラム参加者として2年以上活動し、かつ、JETプログラムを終了した日から1年以内である者。
ウ.普通自動車運転免許を有し、県内及び近隣県への運転業務に支障がない者。
※福島県内での生活や移動手段として自家用車は必要不可欠です。自家用車の持ち込みをお勧めします。

エ.ワード、エクセル、パワーポイントの基本的な操作ができる者

オ.観光、物産等の情報をSNS等で発信できる者

カ.漆器に興味・関心を持ち、意欲的かつ前向きに活動できる者
※経験は不問ですが、大学又は専修学校等において、美術工芸に関する教育を受けた者、又は美術工芸等に関する職務経験を有する者であればなお可

ただし、次のキからコまでのいずれかに該当する者は、応募することができません。

キ.禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者

ク.福島県及び喜多方市において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者

ケ.日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

コ.暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者
募集期間令和4年8月30日(火)から10月31日(月)まで
なお、一定数の応募があった場合は、その都度選考を実施します。選考の結果、採用候補者が決定した場合は、その時点で募集を終了します。
直接持参の場合の受付は、期間内の土曜日、日曜日及び祝日を除く日の午前8時30分から午後5時15分まで、郵送の場合は、応募期間最終日必着となります。
選考プロセス書類選考及び面接試験を行います。

1.書類選考
履歴書、職務経歴書、エントリーシート、レポートによる選考を行います。
結果は、履歴書に記載された現住所(別途連絡先の記載がある場合は当該連絡先)へ郵送により本人あて書面でお知らせします。
なお、書類選考の合格者に対しては、併せて電話又はメールにより連絡しますので、連絡がとれる電話番号及びメールアドレスを履歴書に必ず記載願います。

※必要書類は、ページ下部の「応募フォームはこちら」のリンク先の福島県のHPよりダウンロードいただけます。

2.面接試験
書類選考の合格者に対し、面接試験を実施します。
日時、場所等については、上記1の書類選考の結果通知と併せてお知らせします。採否は面接日から10日程度を目安に、履歴書に記載された現住所(別途連絡先の記載がある場合は当該連絡先)へ郵送により本人あて書面でお知らせします。

3.着任
令和4年12月以降(※)
※最も早い場合であり、採用者の個別事情を考慮して決定します。

4.その他
上記1及び2の結果等に対する問い合わせ等は、一切受け付けません
採用問い合わせ先 福島県企画調整部地域振興課(担当:佐藤)
福島市杉妻町2-16 (本庁舎5階)
電話:024-521-7118
E-mail:tiikishinkou@pref.fukushima.lg.jp
備考・その他・下記のリンク先の福島県のHP(↓)より、必要書類等をダウンロード、ご記入のうえご応募ください。

人気記事

新着記事