TURNS

好評により定員に達しましたので、募集を締め切らせて頂きました。
沢山のご応募を頂き、ありがとうございました。
ご質問等ある場合は、下記の問い合わせ先までご連絡下さい。

社会問題としても取り上げられている「空き家の増加」。

活気がなくなりつつある商店街や使われなくなったビルなど、住まい・建物に関する課題は多くある一方で、使われなくなった空間を活用し、リノベーションやDIYの力によって “人が集まる場” へと変身させた事例が岐阜にはたくさんあります。

古民家を改修した憧れのマイホーム、
ゲストハウスやカフェの開業、
お試し居住やサテライトオフィスなど。

活用次第で「空き家」は立派な “地域資源” となるのです!

 

古いものを活かして、「新しい価値」を生みだす。

例えば、言わずと知れた観光地である郡上八幡。城下町や郡上おどりで有名な場所です。
数年前、ここにまるで “家” のように「住んで」みることができるゲストハウス『郡上八幡ゲストハウスまちやど』が誕生しました。


このゲストハウスを手がけたのは、様々な場所で “暮らし” を経験し郡上市に移住をした木村聖子さん。まちの人の協力を得ながらDIYをして完成し、今では “暮らし” を体験したい人と郡上市の架け橋となっています。

また、活気がなくなりつつある商店街も、地域課題の一つ。

岐阜市にある柳ヶ瀬商店街。
ここでは毎月第3日曜日、作り手となるクリエイターを集めた『サンデービルヂングマーケット』というライフスタイルマーケットを開催しています。

このプロジェクトを牽引しているのは、建築設計事務所などでの経験を経て株式会社ミユキデザインを立ち上げた大前貴裕さん。アーケード下や空き店舗を活用して人で賑わう場所を創り出してきました。


古いものでも、ちょっとした知識とアイディアを加えることで、「新しい価値」を生み出せるのが「空き家」の面白いところです。

3限目の授業では、そうした「空き家」をはじめとした空間に関わる講師をお呼びして、人が集まる場づくりの事例をたっぷりと学びます。

DIYやリノベーションなどの取り組みに関われるヒントもご紹介しますよ!

たくさんのご参加をお待ちしておりますー!!

 

\こんな方に来て欲しい/
・リノベーション、DIYに興味のある人
・カフェ、古民家、拠点づくりに関わってみたい人
・岐阜県に興味のある人
・岐阜県にUIターンを考えている人

\学べること/
・空き家、空き店舗の活用事例
・リノベーションやDIYの魅力
・人が集まる場づくりの方法

TURNSのがっこう岐阜科
-3限目「空き家の利活用」-
開催日 2019年9月22日(日)
時間 12:30〜14:30 (12:00 受付開始)
会場ふるさと回帰支援センター 8階
地図
住所東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル8階
アクセスJR山手線・東京メトロ有楽町線 有楽町駅から徒歩1分
定員30人 ※申込み多数の場合は、抽選とさせて頂く場合もございます
参加費無料
参加費補足岐阜のお菓子付き
主催岐阜県
お問い合わせ先TURNSのがっこう岐阜科担当
TEL:03-6269-9732
MAIL:event@turns.jp
内容

1.岐阜県の紹介

2.講師トーク

3.交流会

<同時開催>

・就職相談(ジンチャレ!)

・移住相談(岐阜県)

講師
大前貴裕さん
株式会社ミユキデザイン 取締役/柳ヶ瀬を楽しいまちにする株式会社 取締役/NPO法人ORGAN理事/名城大学理工学部建築学科 非常勤講師

設計事務所勤務を経て、2012年ミユキデザインを設立。岐阜市中心商店街活性化プロデューサー就任をきっかけに、リノベーションまちづくりをスタート。マーケット運営をはじめ、リノベーション事業やエリアプロモーション事業を展開し、その事業主体として設立した民間まちづくり会社「柳ヶ瀬を楽しいまちにする株式会社」に取締役として参画。2017年に岐阜市より都市再生推進法人の指定を受け、官民連携で商店街活性化に取り組む。
木村聖子さん
(郡上八幡)ゲストハウスまちやど/タテマチノイエ管理人

⻘森県六ヶ所村⽣まれ。中学卒業と同時に実家を離れ、 東京・イギリス・沖縄など、ハウスシェアをしながら国内外 さまざまな場所で暮らし、2010年に郡上へ。2014年ゲストハウスまちやどを開業。今年7月には「住みたい場所で『暮らしてみる』を叶えるしくみ」として八百屋と食堂がある下宿タテマチノイエをオープン。都会と地⽅、⼟地や家 族の枠を超えて、⼀⼈ひとりが暮らしたい場所で暮らせる仕 組みづくりに挑戦中。
進行
小林謙一さん
郡上カンパニー事務局/郡上市移住相談員/(一社)郡上・ふるさと定住機構 業務執行理事/NPO法人ななしんぼ 副理事長

1967年 埼玉県生まれ。小中学校を栃木県で過ごし、高校から千葉県へ。専門学校を経て、東京で約20年間CGディレクター、プロデューサーとして映像制作に携わる。40歳の転機で岐阜県立森林文化アカデミーに入学するため移住。環境教育を通して地域づくりを学ぶ。2009年から郡上市の移住相談員として従事しながら、中間支援NPOの立ち上げなど地域づくりに関わる。2017年より共創で移住と新規事業づくりを実現する「郡上カンパニー」ディレクター就任。
受付終了