TURNS

ぶらり、移住の旅。120分の秋田暮らし。~五城目町編~

ご自宅にいながら、「秋田で暮らしたら?」を体感できるオンラインツアー『ぶらり、移住の旅。120分の秋田暮らし。』

全10回のツアーを通して市町村を巡り、先輩移住者や地域の方々と交流しながら、秋田暮らしの魅力に触れていきます。

第3回目のツアーの舞台は、“大人チャレンジャー”がいるまち・五城目町。

先着20名様限定でお土産もご用意していますので、お申込みはお早目に!

 

ツアーアーカイブ 

当日見逃してしまった方はこちらからぜひご覧ください!

五城目町ってどんなまち?

525年以上続く朝市があるまち

毎月、2・5・7・0のつく日には、1495年から続く秋田県内で最も歴史のある朝市として知られる「五城目町朝市」が開催されています。

採れたて新鮮な旬の食材が揃うのはもちろん、山菜、きのこ、鍋まつりなど、季節に応じた催し物も。

五城目町住民の活力の源として、活気と賑わいを生み出し続けている地域行事です。

“大人チャレンジャー”がいるまち

五城目町では、旧小学校を「五城目町地域活性化支援センター」(BABAME BASE)として生まれ変わらせ、企業の支社やサテライトオフィスとしての利用を促進。

地域外からの利用者も積極的に受け入れ、これまでに30を超える企業・団体・個人の方々が入居し、町に新しい事業と雇用、そしてイノベーションを生み出しています。

その中には、熱意ある人と人をつなぎ、地域に新しいムーブメントを起こし続ける“大人チャレンジャー”も!

『ぶらり、移住の旅。120分の秋田暮らし。~五城目町編~にも、案内役としてご出演して下さいます!

地域とともにある、五城目教育

本年度移転改築された五城目小学校は、社会教育施設(体育館、温水プール、町民センターなど)と融合していて、子どもたちが日常的に地域の方々と触れ合う機会も。

「コミュニティスクール」の導入も視野に学校と地域の絆を深め、学校、家庭(保護者)、地域(住民)が子どもを中心に一体となり、様々な学校課題に取り組んでいける地域を目指しています。

ツアー内容

『ぶらり、移住の旅。120分の秋田暮らし。~五城目町編~では、五城目町の“大人チャレンジャー” 柳澤龍さんと張梨香さんが地域をご案内。約120分で五城目町内を巡ります。

▼ツアー内容はこちら!

(※当日の状況によって変更となる可能性もある旨、ご了承ください。)

五城⽬町の紹介

五城⽬町の概要をご紹介します。

五城⽬町の暮らし

五城目小学校を始めとする特色ある教育環境や、⽣活環境などについて、映像を交えながらご紹介。

移住者の活動紹介

五城目町地域活性化支援センター(「BABAME BASE」)を拠点に、移住者が様々な活動をされています。

ごじょうめ朝市plus+や、シェアビレッジなどさまざまな特徴的な取り組みを紹介しながら、若い力で生まれ変わろうとしている、五城目町の魅⼒をお伝えします。

フリートーク

先輩移住者によるフリートーク&参加者からのご質問にお応えします。

エンディング個別相談

閉会後は、個別に質問、相談をすることもできます。

 

先着20名様限定のお土産も!

「ぶらり、移住の旅。120分の秋田暮らし。~五城目町編~にお申込みの方、先着20名様限定で、「組子細工(組子コースター)」と「キイチゴを使ったお菓子」をお土産としてプレゼントします!


「組子コースター」は、伝統の技術によって天然秋田杉を寸分の狂いなく組み上げたもの。きめ細かさ、美しさを感じながら素材を自由に組み合わせ、ご自身のオリジナルコースター作成にチャレンジしてみてください。

 

 

 

五城目町のキイチゴは、「あきたの逸品」として認定されている特産品。今回は町の農家さんが育て、町のお菓子屋さんが作る地産のお菓子をお届けします。ぜひ一度、ご賞味ください!


“大人チャレンジャー”がいるまち・五城目町の暮らしを体感できる、『ぶらり、移住の旅。120分の秋田暮らし。~五城目町編~

下記の「詳細・お問い合わせ」より、お気軽にお申込みください!

ぶらり、移住の旅。120分の秋田暮らし。~五城目町編~
開催日 2021年2月2日(火)
時間19:00~21:00
定員お土産付きは20名、無料参加は無制限  ※有料、無料を問わず、お申し込みいただいた方に、個別にURLを順次お知らせします。
参加費無料(20名限定お土産付コース(1,000円)あり)
主催秋田県
参加方法下記の「詳細・お問い合わせ」より、お申込みください。
お問い合わせ先株式会社 JTB 秋田支店
〒010-0921 秋田市大町3-4-1 マニュライフプレイス秋田8F
TEL:018-862-6193
申し込み締め切り

お土産ありの場合は、開催日3日前まで。

無料の場合は、開催日前日まで。

※お土産ありの場合のキャンセルは、開催日7日前までは全額返金いたします。

ゲスト
柳澤龍さん/一般社団法人ドチャベンジャーズ代表理事
五城目町地域活性化支援センター指定管理者(館長)
Chi-So代表、元五城目町地域おこし協力隊(平成26~28年度)など。
IT企業を経て、平成26年度より五城目町の地域おこし協力隊員として3年間活動。各種フィールドワークや研修の企画運営、企業支援コーディネートのほか、既存の概念をひっくり返すような取り組みを次々と実践。平成29年、一般社団法人ドチャベンジャーズを設立。仲間と共に、何事にも熱い気持ちをもって向き合い、新たな世界観、新しい可能性を五城目町内に生み続けている大人チャレンジャーである。
張梨香さん/五城目町地域おこし協力隊
大学で教育学を専攻したのち、モンテッソーリ教育を行う私立幼稚園に勤務(5年間)。
その後は新規事業の立ち上げ支援を行うコンサルティング会社に勤務(3年間)。
約5年前、夫の仕事のきっかけで五城目町を訪れて以降、長期休みのたびに町を訪問するほどの「ご縁・つながり」が生まれる。(“きっかけ”は突然やってくるもの)
地域おこし協力隊として令和2年6月より活動を始め、現在まで「オンラインベトナム旅」の企画運営、空き家を再生した「人と人が交わる“交民館”」のオープンなど、隊員ミッションを広く、相対的に結び付けながら、一話完結ではない、これからにも繋がっていくストーリー/ビジョンを掲げ、活動している大人チャレンジャーである。
ファシリテーター
堀口正裕/TURNSプロデューサー
株式会社会社第一プログレス常務取締役
TOKYO FM「SkyrocketCompany スカロケ移住推進部」 「デュアルでルルル♪」ゲストコメンテーター。
国土交通省、農林水産省等での地方創生に関連する各委員を務める他、地域活性事例に関する講演、テレビ・ラジオ出演多数、全国各自治体の移住施策に関わる。
東日本大震災後、豊かな生き方の選択肢を多くの若者に知って欲しいとの思いから、2012年6月「TURNS」を企画、創刊。地方の魅力は勿論、地方で働く、暮らす、関わり続ける為のヒントを発信している。
受付終了
※TURNSでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。