雪とともに暮らす町を楽しみ倒す、
「観光振興」「情報発信」プロデューサー募集!

秋田県横手市地域おこし協力隊募集

秋田県南部にある横手市は日本最大の面積を誇る盆地の中に位置しており、「雪がすごいことになっている!」と全国ニュースで放送されるほどの日本有数の豪雪地帯。冬は一面の雪景色に包まれますが、”雪解けとともに一斉に花が開く春” ”あふれる日差しが作物を育てる暑い夏” ”足早に山を錦に染め上げる秋” ”しんしんと降る雪がすべてを包み込む冬” といった日本らしい四季を楽しめるのも、横手ならではの楽しみの一つです。

そんな雪とともに暮らす横手ならではの「楽しみ」や「暮らし」を発掘し、伝えていく「観光振興」「情報発信」プロデューサーを地域おこし協力隊として募集しています!

 

秋田県横手市とは?

横手市は秋田県の内陸南部に位置し、東側は岩手県と接しています。秋田市に次ぐ主要都市で、秋田自動車道と湯沢横手道路が交差する交通の要所でもあり、秋田の東の玄関口となっています。肥沃な土壌と寒暖の差が大きい気候により、県内有数の穀倉地帯となっているほか、りんご・ぶどう・さくらんぼ・スイカ・しいたけなど、安全でおいしい農作物がとれ、古くから豊富な食物に恵まれてきた地域です。

また、2月に行われる「かまくら」やご当地グルメの「横手やきそば」など、雪国ならではの伝統文化や全国的に名の知れたグルメも楽しめる観光地でもあります。

 

今回横手市として初めて募集することになった地域おこし協力隊のミッションは「観光振興」と「情報発信」。どんな仕事になるのか、どんな人が向いているのか伺いました。

 

自信を持って誇れるまちに!

観光振興」に関わる方に求めていることは「観光好き」と「思考力」です。

横手には観光資源となり得るものがたくさんありますが、地元目線だけでは気づけない魅力も多くあります。そんな”横手にしかないもの”、”横手でしか体験できないもの” を訪れた観光客の目線で発掘し、新たなコンテンツとして作り上げてほしいと考えています。

なので、横手市のことをまだまだ知らないといった方でも大歓迎です。まず初めは地域の中に入り込んで、横手の魅力を掘り起こしてもらえたらと思います。

ゆくゆくは、観光地域づくりのプロデューサーとして企業や自治体、地域住民の窓口となり、観光地経営の視点から、豊かな地域資源を「見つけ」「磨き」「活用」することで、あらゆる産業に活力を与えられるような取り組みを展開して欲しいです。

旅行が好きな方、全国の観光地巡りをしてきた方など、その経験を生かして横手市の観光をぜひ盛り上げてください!

 

地域をジブンゴトに!

もう一つの「情報発信」に関わる方に求めるスキルは「好奇心」。そして「聴くチカラ」と「伝えるチカラ」です。

魅力的な観光資源や伝統文化があっても、それを届ける手法がなければ、知られずに終わってしまいます。また、行政の力だけでは伝えきれないことも多く、地元の人が横手の魅力に気づいていないことも課題だと感じています。

そこで、これまでの概念を覆すような行政の枠にとらわれない、新たな情報発信を担ってほしいと思っています。情報発信ツールは問いません。また、最低限の情報発信の知識があれば、専門的な技術がなくても構いません。技術の習得はサポートします。

情報発信は常に変化する業界。好奇心を武器に新しいことにどんどんチャレンジする力を求めています。また、聴くチカラや伝えるチカラは相手の立場に立って物事を考えれば自然とついてきます。なので、「それもありだよね」と相手を許容する気持ちも大事です。

ヨソモノ・ワカモノの視点で地域をつなげながら、市内外の若い世代に刺激を与えるような斬新な視点と行動力で横手市の地域資源を掘り起こし、地域の一人一人、関係人口の一人一人が地域をジブンゴトとして関わっていけるような情報発信を期待しています。

 

住民にも観光客にも、横手の良さを再認識してほしい

地方が共通で抱えている人口減少や少子高齢化。横手市もこのまま手を打たないと担い手の確保が難しくなり、労働力や地域コミュニティの維持ができなくなります。生産人口の減少が主な原因で、中でも20〜24歳の減少が最大となっています。

横手の若い世代は、周囲の大人たちから「横手は何もないから」「横手には就職口はないから」と聞かされ、生まれ育ったまちに愛着を持てないまま進学等により横手を離れていきます。そして、そのまま横手に戻ることはありません。

こうした若い世代の横手離れを止めるためにも「郷土愛」、さらにはシビックプライドの醸成を図る取り組みが必要と考えています。

そもそも、横手に住む人たちが身近にある魅力に「当たり前」になりすぎて、気がついていないことも一つの要因。横手の魅力を知らないまま市外に出てしまうと「横手に戻る」という選択肢がないのです。横手の魅力を認識した上で、横手に戻るのか、戻らないのか、という選択をしてもらいたいですし、もし横手に戻らないとしても、いつも横手を気に掛けていてほしいです。

そのためにも、横手にしかないもの、横手でしか体験できないものを掘り起こし、磨き上げ、その情報を発信することで横手の魅力を認識し、選択肢の一つとなってほしいと思います。


横手市観光推進機構は平成29年設立。観光地域づくりの舵取り役として、企業や行政と連携しながら観光事業を推進しています。

どちらの仕事も地域の人と密着し、粘り強く対話しながら理解を得るような、コミュニケーション能力が求められる仕事です。

また、一人で仕事が成立するわけではありません。横のつながり、縦のつながり、斜めのつながり。多くの人と一丸となって取り組み、点と点を繋いで面を作るような役割です。そんな立ち位置を楽しめる方にきてほしいです。

 

雪とともに生きていくための助け合いの精神

今回の受入団体である横手市観光推進機構」と「Yokotterは、もともと互いの専門分野を生かしながら連携し、地域の課題に取り組んできました。地域おこし協力隊の方々に対しても、双方が連携しながらサポートしていきます。また、横手市もさまざまな課が連携して積極的にバックアップします。

もちろん、できることもあれば、できないこともありますし、壁にぶつかる時もあります。そんな時には周りの人を頼ってください。みんなで一緒に考えていきましょう。


Yokotterは2009年12月に発足。インターネットメディアの運営を中心に活動し、その他さまざまな形で、人と人をつなぐ横手の情報発信を行なっています。

そして何より、横手の人たちの面倒見の良さは半端じゃありません。一歩こちらから踏み出すと、あっという間に10歩も100歩も先に行けるような。たくさんの地域の方々が手を差し伸べてくれます。これは豪雪を乗り越えるための地域の助け合いの精神からきているように思います。

 

毎日降り続く雪。日常生活を送るためにも、ご近所が一丸となって雪寄せをして、生活道路の確保をしなければなりません。そんな毎日の助け合いが、自然と面倒見の良さにつながっているのです。

横手は豪雪から猛暑まで、春夏秋冬がはっきりしている地域。それを楽しめる方にぜひきて欲しいです。雪とともに暮らす横手。だからこその一番の魅力は「人」。心温まる出会いをご用意してお待ちしております。

 

今年の豪雪の様子を動画にした「雪とともに暮らす」という動画がにあります。雪の大変なことも良いことも全て受け入れて雪とともに暮らす。それを楽しむのはあなた次第です。ぜひこちらも見ていただくと、冬の様子を感じていただけると思います。

都道府県+市町村秋田県横手市
募集状況募集中
勤務地秋田県横手市
募集職種①「観光振興」に関わる業務
②「情報発信」に関わる業務
雇用形態①一般社団法人横手市観光推進機構との雇用契約締結
【雇用期間】採用の日から令和4年3月31 日まで
ただし、最⻑3年を限度に延⻑することができます。
例)令和3年10月1日に採用された場合、最⻑で令和6年9月30日まで延⻑可能


②非営利活動法人Yokotterとの雇用契約締結
【雇用期間】 採用の日から令和4年3月 31 日まで
ただし、最⻑3年を限度に延⻑することができます。
例)令和3年10月1日に採用された場合、最⻑で令和6年9月30日まで延⻑可能

※両職種とも横手市との雇用関係はありません
給与①給与/月額 170,000 円
(社会保険、雇用保険の対象です。上記から社会保険料等の本人負担分が差し引かれます)
住居/一般社団法人横手市観光推進機構が借り上げ、貸与します
※ただし、当市への引っ越しに係る費用、生活備品、光熱水費等は自己負担とします。また、退去時に敷金に超える費用が発生した場合においても個人負担とします。

②給与/月額 170,000 円
(社会保険、雇用保険の対象です。上記から社会保険料等の本人負担分が差し引かれます)
住居/NPO法人Yokotterが借り上げ、貸与します
※ただし、当市への引っ越しに係る費用、生活備品、光熱水費等は自己負担とします。また、退去時に敷金に超える費用が発生した場合においても個人負担とします。
福利厚生①観光振興スタッフ
(1)休暇日で業務に支障がなければ、兼業を認める場合があります(届出が必要です)。
(2)勤務時間中は、活動に必要な自動車とパソコン、事務用備品等を 貸与します。
(3)生活や通勤の移動手段として自家用車は必要不可欠です。自家用車等の持ち込みをお勧めします。
(4)活動期間中の住居は家賃5万円を上限とし、受入団体が借り上げ、 貸与します。ただし、当市への引っ越しに係る費用、生活備品、光熱 水費等は自己負担とします。また、退去時に敷金に超える費用が発生 した場合においても個人負担とします。
(5)健康保険、厚生年金、雇用保険等に加入します。

②情報発信スタッフ
(1)休暇日で業務に支障がなければ、兼業を認める場合があります(届 出が必要です)。
(2)勤務時間中は、活動に必要な自動車とパソコン、事務用備品等を 貸与します。
(3)生活や通勤の移動手段として自家用車は必要不可欠です。自家用 車等の持ち込みをお勧めします。
(4)活動期間中の住居は、家賃6万円を上限とし、受入団体が借り上 げし、貸与します。 ただし、当市への引っ越しに係る費用、上限を超えた場合の家賃の差 額、生活備品、光熱水費等は自己負担とします。また、退去時に敷金 に超える費用が発生した場合においても個人負担とします。
(5)健康保険、厚生年金、雇用保険等に加入します。
仕事内容①観光振興スタッフ
・地域に密着しての観光資源(特に、横手にしかないもの、横手でし か体験できないもの)の掘り起こしと磨き上げ
・磨き上げたコンテンツを活用した事業の展開
・その他、本市及び一般社団法人横手市観光推進機構の観光振興事業に資する活動

②情報発信スタッフ
・行政にはできないやり方で、横手市の魅力を情報発信する
・高校生など学生のニーズを調査し、そのニーズにあった情報を身 近なツールで発信する
勤務時間①観光振興スタッフ
原則として月曜日から金曜日で、1日につき7時間 45 分の週 38 時 間 45 分勤務とし、休憩時間は1時間とします。

②情報発信スタッフ
原則午前9時から午後6時まで(うち休憩時間 60 分) ※業務内容により変更あり
休日休暇①観光振興スタッフ
【休日】原則として土日、祝日、年末年始(12 月 29 日から1月3日まで)
【休暇】 有給休暇、慶弔休暇、産前・産後休暇などが付与されます。

②情報発信スタッフ
【休日】週2日 ※原則的に休日は土曜、日曜 振り替える日は可能な限り同じ週もしくは翌週の1日とする。
【休暇】年次有給休暇(法定通り) 育児休暇、介護休暇が付与されます。
応募資格①観光振興スタッフ
次に掲げるすべての要件を満たす方
(1)令和3年10月1日現在、満20歳以上の方
(2)生活の拠点として都市地域等に住⺠票がある方で、採用後に生活 拠点を移し、住⺠票の異動ができる方。または、横手市以外の同一自治体で2年以上地域おこし協力隊として活動経験があり、退任から1 年以内の方。
(3)地域資源の探求に関心があり、積極的な情報発信に取り組んでい ただける方
(4)心身ともに健康である方
(5)普通自動車運転免許を有する方、または取得予定の方
(6)パソコンの基本ソフトの操作スキル(ワード、エクセル、パワーポ イントなど)とインターネット、SNS などの活用ができる方
(7)活動終了時に起業または就業して横手市に定住する意欲のある方
(8)地方公務員法(昭和 25 年法律第 261 号)第 16 条に規定する欠格 条項に該当しない方

②情報発信スタッフ
次に掲げるすべての要件を満たす方
(1)令和3年10月1日現在、満20歳以上の方
(2)生活の拠点として都市地域等に住⺠票がある方で、採用後に生活 拠点を移し、住⺠票の異動ができる方。または、横手市以外の同一自 治体で2年以上地域おこし協力隊として活動経験があり、退任から1 年以内の方
(3)好奇心旺盛で、地域資源の探求に関心があり、積極的な情報発信 に取り組んでいただける方
(4)心身ともに健康である方
(5)普通自動車運転免許を有する方、または取得予定の方
(6)パソコンの基本ソフトの操作スキル(ワード、エクセル、パワーポ イントなど)とインターネット、SNS などの活用ができる方
(7)活動終了時に起業または就業して横手市に定住する意欲のある方
(8)地方公務員法(昭和 25 年法律第 261 号)第 16 条に規定する欠格 条項に該当しない方
募集期間令和3年6月20日〜令和3年7月31日
選考プロセス①観光振興スタッフ
(1)応募手続
以下の書類を申込み先に郵送してください。封筒には「地域おこし協力隊応募用紙在中」と朱書きしてください。 なお、いただいた書類は返却しませんので、ご了承ください。
1.応募用紙(別添様式) 1部
2.住⺠票 1部

(2)申込み・問合せ先
〒013-0036
秋田県横手市駅前町 1−15
一般社団法人 横手市観光推進機構
電話:0182-38-8652 メールアドレス:yokote.dmo@gmail.com

(3)選考方法
【第1次選考(書類選考)】 応募用紙による書類選考を行い、選考結果を通知します。
【第2次選考(オンライン面接試験)】 第1次選考合格者を対象に行います。詳細は第1次選考結果と併せて 通知します。
【第3次選考(面接・プレゼン試験)】 第2次選考合格者を対象に行います。第2次選考結果と併せてプレゼ ンのテーマを通知します。 なお、第3次選考に要する交通費と宿泊費については応募者の負担と なりますので、ご了承ください。

②情報発信スタッフ
(1)応募手続
以下の書類を申込み先に郵送してください。封筒には「地域おこし協力隊応募用紙在中」と朱書きしてください。なお、いただいた書類は返却しませんので、ご了承ください。
1.応募用紙(別添様式) 1部
2.住⺠票 1部

(2)申込み・問合せ先
〒013-0038
秋田県横手市前郷一番町9番6号
NPO 法人 Yokotter
電話:0182-23-8633/メールアドレス:info@yokotter.com

(3)選考方法
【第1次選考(書類選考)】 応募用紙による書類選考を行い、選考結果を通知します。
【第2次選考(オンライン面接試験)】 第1次選考合格者を対象に行います。詳細は第1次選考結果と併せて 通知します。
【第3次選考(面接・プレゼン試験)】 第2次選考合格者を対象に行います。第2次選考結果と併せてプレゼ ンのテーマを通知します。 なお、第3次選考に要する交通費と宿泊費については応募者の負担と なりますので、ご了承ください。
採用問い合わせ先①観光振興スタッフ
〒013-0036
秋田県横手市駅前町 1−15
一般社団法人 横手市観光推進機構
電話:0182-38-8652/メールアドレス:yokote.dmo@gmail.com

②情報発信スタッフ
〒013-0038
秋田県横手市前郷一番町9番6号
NPO 法人 Yokotter
電話:0182-23-8633/メールアドレス:info@yokotter.com

人気記事

新着記事