TURNS

地域とともに生きる企業
【JAZZと生きるまち、仙台】

留学の経験を活かし、生まれ故郷の仙台市で活躍するミュージシャン。そして今や、地元住民の生活の一部となった、29年も続くジャズのフェスティバル。〝ジャズ〟を通じて地域に活力を吹き込む人びとの思いを、ラジオパーソナリティの浜崎美保さんが聞いた。

 

PART 1
ミュージシャン 熊谷駿さん
「音楽でまちを盛り上げたい。それが僕の恩返し」
サックスプレイヤー・熊谷駿さんは宮城県仙台で生まれ育った仙台っ子。2014年、アメリカのバークリー音楽大学へ留学し、帰国後は仙台を拠点に音楽活動を行っている。熊谷さんはなぜ仙台に戻り、どんな思いで日々演奏しているのだろうか?「Skyrocket Company」のパーソナリティとして、地方を訪ね歩くことの多い浜崎美保さんがインタビューした。


あのとき背中を押してくれた
奨学金があった
 仙台駅から車で20分ほどの住宅街に、熊谷駿さんの事務所がある。ヴィンテージのサックスがズラリと並ぶスタジオで、熊谷さんは毎月「マンスリージャズナイト」を開く。ジャズを聴きに訪れるのは近隣の住民だ。

浜崎 熊谷さんはアメリカの名門、バークリー音楽大学に留学されました。何がきっかけだったのですか?

熊谷 高校(高専)のころから将来は音楽の道に進みたいと思い、高専卒業後は神戸の音楽学校に入学しました。そこがバークリー音楽大学の姉妹校だったこともあり、留学への希望はひそかにありました。ただ、この大学は学費が高い。年間400万円以上です。さらに大学のあるボストンは、物価が高いことでも有名ですね。経済的にむずかしいかな……と、あきらめかけたちょうどそのころ、「TOMODACHIサントリー音楽奨学金」※のことを知り、応募したんです。

浜崎 そして、2014年に、TOMODACHI音楽奨学金第1期生に選ばれたんですね。

熊谷 学費面だけでなく、アメリカへ行って何ができるのかといろいろ迷っていましたが、奨学金で吹っ切れました。背中を押してもらったと思っています。

浜崎 アメリカの大学生活はいかがでしたか?

熊谷 さすがというか、日本ではお目にかかったことのないようなすごいプレーヤーが、学校にもたくさんいて。〝凄いな!〟 の連続で刺激的な毎日でした。

数々の有名ミュージシャンを輩出してきたバークリー音楽大学で多くのことを吸収した。中央は熊谷さんと留学時代の仲間たち

 

浜崎 留学後、熊谷さんは仙台に戻ってこられました。プロのミュージシャンは東京を拠点にする人が多い中、熊谷さんはなぜ仙台を選ばれたのですか? 

熊谷 実は、活動するなら仙台と留学前から決めていました。

浜崎 それは地元への思いが?

熊谷 そうですね。もう9年前になりますが、2011年3月。あの大震災のとき、僕は何もできなかったんです。家族も家も無事でしたが、僕自身が何も動けなかったことが、心にずっと引っかかっていました。
音楽には人を動かす力があると僕は思っています。僕自身、高校受験のときに、すばらしいサックスを聴いて音楽の道に進もうと思った。留学を考えたのも、将来、音楽で地元のまちを盛り上げられたらいいなと思ったからです。

浜崎 はじめからUターン志望だったのですね。

熊谷 まずは生まれ育ったまち、仙台市の八木山を盛り上げたいと思い、事務所を構えてマンスリージャズナイトを始めました。



浜崎
 ジャズって、ちょっとむずかしそうなイメージがありますが。

熊谷 ジャズの好きな人はぶらりとジャズバーに行くこともできると思いますが、最初の一歩が踏み出せない人も多い。そうした人たちにこそ是非来ていただきたい。最近は口コミが広がって、近所のおばあちゃんや子ども来てくれるようになりました。

浜崎 ここで熊谷さんのサックスを聴いた子が、将来、音楽の道を目指すかもしれませんね。

熊谷 そうなってくれるとうれしいですね。八木山をジャズスポットに。僕の夢です。


定禅寺ストリートジャズフェスティバルにスペシャルゲストとして参加


浜崎
 仙台といえば定禅寺ストリートジャズフェスティバルが有名です。熊谷さんは2018年に初出演されていますね。

熊谷 高校時代から憧れのステージでした。ただ、当時僕は柔道部で、バンド仲間もいなかったし、ソロで吹く勇気も無かった。なので、2年前に出演できたときは感無量でした。これからも毎年、出演することでジャズフェスを盛り上げていこうと思っています。


浜崎 ふだんも仙台でジャズコンサートを開かれていますね。こちらも続けていかれますか?

熊谷 仙台はどんどん復興が進んでいると思います。でも、やっぱり住んでいる人たちの気持ちのどこかに、ずっと消えないものがある。音楽を聴いている時間だけでも、それを癒すことができたらと思いますし、あのときの体験が何か次につながればといいなと思いながら、ステージに立ち続けています。

 

留学の経験を経てプロのサックスプレーヤーになった今、熊谷さんは、〝音楽の力〟を仙台のまちに吹き込もうとしている。

 

 熊谷駿(くまがい しゅん)
1991年、仙台市生まれ。10歳のとき父親に勧められてサックスを始める。2014年、アメリカ・バークリー音楽大学に入学。2017年、アメリカ・ニューイングランド音楽院に大学院修士課程に入学。アメリカでの演奏活動も始めた。2018年、定禅寺ストリートジャズフェスティバルに初出演。ファーストアルバムの曲「Jump & Swinging」はテーマソングに選ばれた。現在の活動拠点は仙台。コンサート「BOP EXPRESS」「BE CASTLE」を開催している。

聞き手  浜崎美保
鹿児島県鹿児島市出身。モデル・タレントとして地元メディアを中心に活動後、拠点を東京へ。2013年4月〜TOKYO FMワイド番組「Skyrocket Company」のパーソナリティ(秘書役)に。

 


PART 2
定禅寺ストリートジャズフェスティバル
「50年後、仙台がジャズの聖地になっているかもね」
毎年、9月の第2週末に行われる「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」は今年30周年を迎える。1991年から1年もかかさず開かれ、昨年は710グループ、約5000人が演奏し、約77万人が訪れた。なぜ、これほど市民に愛され、これほど盛り上がるのか。実行委員会の高橋清博さん、武藤政寿さんにお話を聞いた。

ジャズはストリートでやらなくちゃね

 仙台市の定禅寺通りは4列のけやき並木が美しい。杜の都と呼ばれる仙台は、9月第2週の週末の2日間、音楽の都と化す。

浜崎 はじめに、定禅寺ストリートジャズフェスティバル(以下JFS)が生まれたきっかけを教えてください。

髙橋 はじまりは1987年のバブル時代に遡ります。当時、定禅寺通りにあったファッションビルのホールでジャズコンサートを開きました。街を盛り上げるために開いたイベントで、4年続いたのですが、ジャズはやっぱりストリートじゃなくちゃということで屋外に出たのが91年です。

高橋清博 (たかはし きよひろ)定禅寺ストリートジャズフェスティバル実行委員会 理事


浜崎
 ジャズって屋外でやるものなんですか?

武藤 ジャズはアメリカ・ニューオーリンズのストリートで生まれた音楽です。楽器も演奏も自由に、自分の思いの丈を即興で相手に伝えるのがジャズ。だから路上なんです。

浜崎 運営はみなさん、市民の方がボランティアで?

髙橋 実行委員会は市民の有志が集まったものですが、当初は運営をプロの制作者に任せていました。プランニングから実行委員会が行う市民イベントになったのは93年の第3回からです。

浜崎 はじめのころはどんな目標でJSFを?

髙橋 10年は続けようと思っていました。そのためにはジャズに限定しないで、いろんな音楽をやろうと。ジャズはストリートでさまざまなものと融合して生まれた音楽ですから、ロックでも和楽器でも出演してもらえる〝フェス〟にしようと。

武藤 ジャズだけに限っていたら、ここまで市民に広がらなかったでしょうね。


武藤政寿(むとうまさよし)定禅寺ストリートジャズフェスティバル 実行委員長


浜崎
 定禅寺ストリートジャズフェスティバルは2002年にサントリー文化財団の「地域文化賞」※を受賞されていますね。

髙橋 うれしかったですね。JSFが全国に知られるようになったのもこの賞のおかげです。

武藤 賞をいただいたことが、大きな転機になりました。市民ボランティアによる運営でしたから、なにかとつたない部分はありました。それが受賞という評価を得たことで、市民が自分たちで考え、自分たちで実行する、というやり方で間違っていないのだと確信が持てました。

今やフェスティバルは市民の生活の一部になっている

 

浜崎 2011年、震災の年も開催されました。大変なご苦労があったのではないですか?

武藤 僕たちはここ(仙台)に住んでいましたから、すぐに集まれる人間は集まって。実は中止しようという意見もありました。こんなときに音楽やっている場合じゃないだろうと。でも周りから〝やってほしい〟という声が多くて、よし、やろうと。僕らも、演奏する人も、聴きにくる人たちも、みんな大変な思いをしながら来てくれる。その人たちのつながりをつくりたいと思いました。震災を受けて生まれた企画も2つありました。ひとつは「Aの音」。Aとはラの音で、鎮魂の音とも呼ばれています。この音を演奏前、各バンドに1分間、ピアノ、ギター、ボーカル、それぞれにAの音を奏でてもらいました。もうひとつは「スイングカーニバル」です。楽器を流されて失った人も多く、解散に追い込まれたバンドも多かった。だれでも演奏ができるように簡単なパーカッションと譜面を用意して、いっしょに大合奏しましょうと。この企画は、今も続いています。

浜崎 当日の会場の雰囲気はいかがでしたか?

武藤 やはり例年とは違いました。どのステージも浮かれたところはなく、それでもみなさん、静かに笑みを浮かべて聴いていらした。〝やってよかった〟と思いました。

髙橋 音楽祭ができるまちは幸せだなと、改めて実感しました。

浜崎 これからJSFをどんなフェスにしていきたいですか?

髙橋 今の子は生まれたときからJSFがあって生活の一部になっていると思います。就職や結婚などで仙台を離れて暮らしていても、JSFの時期はここに帰ってくる、そんなお祭りでありつづけてほしいですね。

武藤 今年30周年を迎えますが、私たちのテーマは「継続」。出演するプレイヤーが子どもに音楽を教えて、その子がまた演奏に来る。親と聴きに来ていた子が大人になってまた自分の子を連れて来る、実行委員会もそうやって継続していければと思います。50年、60年後に、仙台がジャズの聖地になっていたら最高です。〝ジャズは一音一会〟なんて言われますが、どこかの会場で生まれたセッションが、だれかの心にずっと残ってくれたらいいですね。


音楽とともに、まちの未来を熱く語る。そんな人たちが運営しているからこそ、定禅寺ストリートジャズフェスティバルは地域に根付き、これほど長く市民に愛されているのだろう。

 

※サントリー地域文化賞 全国各地の芸術、文学、伝統の保存・継承、衣食住での文化創出、環境美化、国際交流などの活動を通じて、地域の文化向上と活性化に貢献した個人、団体に、毎年サントリー文化財団が贈呈している賞。1979年の創設以来、全国すべての都道府県より受賞者が生まれている。

文:佐藤恵菜 撮影:古里裕美


地域を見つめ続けるサントリー

サントリーホールディングス株式会社
CSR推進部 小林章浩

サントリーグループは、その企業理念において「人と自然と響きあう」を“使命”と定め、社会との共生、自然との共生を企業活動の柱として、様々な取り組みを行っています。地域に息づく多様な文化を掘り起こし、地域の活性化を応援すべく、(公財)サントリー文化財団では1979年から「地域文化賞」の贈呈を続けており、2019年までにすべての都道府県で219件を顕彰してきました。

サントリーホールディングス㈱では、自然が育んだ良質な地下水である天然水が事業活動の基盤であることから、全国各地のサントリー工場で使用する天然水の水源である森林を整備・保全する活動「天然水の森」にも取り組んでおり、現在、全国15都府県に21か所、合計の面積は1万2千haに上ります。

さらに、大規模な自然災害に際して、被災地に対して、発災直後に義援金や必要な物資をお届けする緊急支援に加え、被災地復興を後押しするため、サントリー独自の復興プログラムに取り組んでいます。東日本大震災に際しては、「東北サンさんプロジェクト」として、次世代育成を中心に総額108億円の支援を継続中です。熊本地震では、「水の国くまもと応援プロジェクト」に取り組みました。

これからも、地域の皆様と響きあい、心豊かな社会づくりに取り組んでまいります。

サントリーの地域への取り組み
・地域文化賞 ・天然水の森 ・東北サンさんプロジェクト ・水の国くまもと応援プロジェクト