TURNS

静岡県で農業人になろう!
『静岡県西部地域広域移住体験ツアー』を開催します!

1年を通じて温暖な気候を誇る静岡県西部地域は、「農業」に最適な場所

広大な太平洋に面した静岡県の西部地域は、西から湖西市、浜松市、磐田市、袋井市、森町、掛川市、菊川市、御前崎市の8つの市町から構成されています。その昔、遠州と呼ばれていた地域です。南はなだらかな海岸線から、北は美しい山々まで豊かな自然に恵まれています。

静岡県西部地域は、美しい山々をはじめとする豊かな自然環境に加え、由緒ある古刹やお祭り、風情溢れる街並み、海山の豊富な食材など、多くの見所があるのと同時に、本田宗一郎など多くの偉人を輩出した”ものづくりのまち”でもあります。

そんな静岡県の西部地域は、温暖な気候のもとで「農業」に恵まれた地域でもあります。は言わずもがな、ミカンメロン、トマト、ネギなど、全国でも有数の名産地として知られている作物が多くあります。に恵まれた地域です。

そこで今回は、西部地域の磐田市、森町、掛川市の3市町をまわりながら、静岡県への移住や西部地域での就農の魅力をたっぷり感じられる移住体験ツアーを御用意しました!

 

移住後の「就農」や、静岡県西部の「暮らし」について、知りたいことを何でも相談してみよう!

今回のツアーのテーマは、ずばり「農業」

1年を通じて温暖な気候のもと農業が盛んである静岡県西部地域は、農業生産法人・個人農家を問わず、移住される方の新規就農をしっかりサポートしてくれる人や場所がたくさんあることが強みのひとつです。

地方への移住を機に新規就農を目指す方は非常に多いですが、「農業を始めるのはハードルが高いって聞くけど…」、「まず何から準備を始めればいいの?」、「いろいろ自分でイチから調べないといけないの…?」など、なかなか一歩踏み出せないといった声をたびたび耳にします。
そこで今回はそういった方々の不安や疑問を解消する機会をたくさん企画しています。実際に移住後に農業に従事している先輩移住者や、地元の農業関係者などとざっくばらんに話すことができる夕食交流会も予定しているので、日頃抱えているお悩みをじっくり相談することができます。

「新たな土地で農業を始めたいけど一歩踏み出せない…」
そんな方こそツアーに参加し、新たな人生を歩むきっかけにしてほしいと思います。

農業生産法人や個人農家の先輩移住者に直接触れ合い、いろいろなことを相談しながら、静岡県西部地域で「農業」の魅力をじっくり体感してみましょう!


農家や先輩移住者と直接コミュニケーションをとれるのが、今回のツアーの最大の魅力。

\こんな人に参加して欲しい/
・ 静岡県での暮らしに興味がある移住希望者
・ 移住を機に新しく農業をはじめてみようと考えている移住希望者

少しでも「静岡県への移住」、「静岡県での就農」に興味がある方、お気軽に御参加ください!

たくさんの御応募お待ちしております~!!

 

行程表 ※一部変更になる可能性もございます。

(1日目:2/22・土)
10:15 掛川駅南口に集合
10:20 掛川駅を出発
10:50 農業法人見学((有)佐野ファーム)
12:30 昼食(森林果樹公園アトリエ)
14:30 個人農家見学(キウイフルーツカントリーJAPAN)
16:15 静岡県の農業・移住政策のご紹介
18:00 先輩移住者との交流会(ペーザロ)

(2日目:2/23・日祝)
9:00 ホテル出発
9:30 農産物直売所見学(きとう農園)
10:50 個人農家見学(きとう農園)
12:30 昼食(どんどこあさば)
14:15 不動産物件見学
16:30 掛川駅にて解散

 

- 見どころ -

(有)佐野ファーム(周智郡森町)
森町の自然に恵まれた温暖な気候を活かし、三毛作に取り組み、スイートコーン、レタス、ルッコラ、ミニトマト、アスパラなど多品目を栽培。「食の安全・安心、新鮮・美味しさ、環境への配慮」を第一に考え、有機JAS認証・JGAP認証・しずおか農林水産物認証を取得。将来農業で独立、継業を考えている県内外の若者の採用に積極的に取組み、社員教育も熱心に行なっています。“農業を通じてみなさまに幸せを届けます”を経営理念とする、ちょっと「おもしろい会社」。

 

キウイフルーツカントリーJAPAN(掛川市)
1976年にアメリカから持ち込んだティースプーン1杯の種をもとにスタートした「キウイフルーツカントリーJAPAN」では、国内最大規模の農園で80品種ほどのキウイフルーツの栽培、新品種の育種を手掛けています。青年海外協力隊出身の経営者のもとで、キウイ栽培をはじめとする農業以外にも国内外の研修生受入れ事業も盛んに行われており、現在まで1000人以上の研修生受入実績があります。

 

きとう農園(磐田市)
都内で企業勤めをしていた男性が、有機農業にチャレンジしたいとの思いから一念発起し妻の実家がある磐田市に移住。はじめは浜松市内の個人農家で研修を受け、3年前に独立。「農薬に頼らず、多様な生き物の力で健康な野菜を育てる」ことをモットーに、日照時間の長い磐田市の気候を生かして春夏秋冬多様な野菜を露地栽培しています。
現在は「農家の店 ハレとケ」をオープンし、旬の有機野菜をはじめ、手作りのお弁当、天然酵母パン、スイーツなどの加工・販売を行なっています。


- 交流できる人 -

\農業生産法人の就職について聞ける!/ 先輩移住者
勤続8年で、今年度から農場長、副農場長に次ぐポストに就任。4歳の子どもを育てながら、会社では女性従業員をまとめ、仕事面で非常に頼りになる存在。埼玉県から佐野ファームに就職し、その後森町に移住。今後の活躍が期待される優秀な社員。

\新規就農者の研修ならここで決まり!/ 平野耕志さん
掛川市出身。都内の大学を卒業後、アメリカのカリフォルニア大学や果樹公園にて一年半農業ビジネスについて勉強。その後、ザンビアに青年海外協力隊(JICA)で赴任(2012年~14年)。帰国後は静岡大学で農業経営分野の修士課程を修了。国内で農園を経営する一方、海外ではネパールで震災地の農業指導も行なっている。

\農業生産法人への就職から独立の過程まで聞ける!/ 鬼頭英一さん
愛知県名古屋市出身。東京都で外食産業の企業に20年間勤める。有機農業にチャレンジしたいという思いから、「規模が小さくてもやっていける農家」を探す中で、静岡県浜松市に自身の理想とする農家を見つける。妻の実家のある磐田市に移住し、2016年に独立就農。現在は「農家の店 ハレとケ」も経営し、お弁当や惣菜などのよりおいしい野菜の食べ方を提案することで、畑から食卓まで、旬の有機野菜を消費者に提供している。

 

 

▼チラシはこちら

静岡県西部地域広域移住体験ツアー
開催日 2020年2月22日(土) 〜2020年2月23日(日)
会場静岡県西部地域(磐田市・森町・掛川市)
定員15名
参加費8,000円(税込)
参加費補足※貸切バス代、宿泊代、食事代(計4回:1日目の昼・夕、2日目の朝・昼)、諸税等が含まれます。
※ご自宅から集合場所までの移動費は含みません。
主催天竜浜名湖鉄道株式会社
お問い合わせ先【参加申込みに関すること】
天竜浜名湖鉄道株式会社 営業課
電 話:053-925-2276

【ツアー内容に関すること】
静岡県西部地域局地域課
電 話:0538-37-2209
メール:seibu-chiiki@pref.shizuoka.lg.jp
締切日

2020年2月3日(月)

宿泊場所

くれたけイン・掛川(ビジネスホテル)

※TURNSでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。