TURNS

水の都・西条を巡る2日間
無料個別移住体験ツアー

ネットやSNS、テレビ、ラジオ、雑誌。

地域に関する情報は様々な方法で得ることができますが、実際に現地を訪れ、その土地特有の風土や文化が育んだヒト・モノ・コトに触れてこそ、生き生きとした地域の姿が見えてくるもの。

地域のことをよく知る上で大切なのは、現地で心と体を動かして、生きた情報を得ることなのだと思います。

愛媛県西条市が開催する「1泊2日無料個別移住体験ツアー」は、ツアー参加に掛かる往復交通費、宿泊費、食費が全て無料。

オーダーメード型のツアーなので、地方での暮らしに少し興味がある方から具体的に移住を考えている方まで、一人一人のニーズに合った訪問先と先輩移住者、地域の方々の元にご案内できます。

もちろん、土日・祝日やお子様連れでのご参加も大歓迎です!

「2019年版 住みたい田舎ベストランキング」全部門で四国第1位を獲得し、移住者が増え続けている西条市の魅力とリアルな地域の姿を、この機会にぜひ体感して下さい!

西条市はこんな街

自然豊かな「水の都」

北は瀬戸内海、南は石鎚山がそびえる西条市。市内約3000カ所に「うちぬき」と呼ばれる石鎚山系地下水の自噴井があり、水の都として親しまれています。

一年を通して温暖な気候で過ごしやすく、海・山・街の三拍子が揃う、人口約11万人が暮らす街です。

仕事が豊富

豊かな水資源は四国屈指の工業・農業都市としての発展にも貢献。

大手飲料メーカーの工場や元気な中小企業が西条に生産・事業拠点を構えていて、有効求人倍率約1.7倍と仕事も豊富です。

自然豊かな環境の中でワークライフバランスを確保できる働き方を実現したり、海・山・水などの地域資源を生かして起業したりする移住者も増えています。

最先端の子育て環境

「日本ICT教育アワード」を受賞した最先端の教育環境が整う西条市では、中学生以下の子どもに掛る医療費の自己負担額は無料。

保育料にも軽減制度を設けている他、「放課後児童クラブ」の対象を小学1年生~6年生まで幅広く設定していて、子育てしやすい環境を作りに力を入れています。

「西条まつり」などの地域行事やスポーツイベントなども盛んで、地域全体で心身ともに健やかな子どもを育てる環境が整っています。

ツアーで出会える人

【Next Commons Lab 西条】コーディネーター&ラボメンバー

起業者が集い、地域資源を活用した起業を支援する活動をしているプロジェクトチーム「Next Commons Lab 西条」。

ツアー行程の中で、昨年NCLが中心市街の商店街にオープンさせた拠点「紺屋町dein」を訪れ、メンバーと交流することができます。

3名のコーディネーターと9名のラボ運営メンバーは、ほとんどが東京や大阪からの移住者であり、起業経験者。

個性豊かで経験豊富なメンバーとの交流は、地域で生き生きと働くためのヒントが一杯です。

【くらしとごはんリクル】櫻井啓太さん、明日香さん

東京の保育園で栄養士として働いていた啓太さんと、看護師として活躍していた明日香さんご夫婦が西条市移住後にオープンさせたカフェ「くらしとごはんリクル」。

名水百選に認定された西条の「うちぬき」を使って毎日丁寧にとる和出汁と地産の野菜や魚、お肉を使ったランチは、優しくほっとする味わい。

県内外から人気を集め、リピーター客も多く訪れています。

【輝らり果樹園】金光祐二さん、史さん

農業高校を卒業後、西条市の農協で営農指導員として働きながら果樹栽培を始めた祐二さんと、岡山県出身で結婚を機に移住してきた史さん。

果物を通して生産者と消費者を繋げていきたいとご夫婦で「輝らり果樹園」を経営し、たっぷりの愛情を注いでぶどう、柿、キウイ等の果物を育てています。

営農指導員としての経験を生かし、新規就農や営農の相談にも快く答えてくれます。

おすすめスポット

アクアトピア水系

市内中心部を流れるアクアトピア水系には、ホタルの里、水舞台、親水デッキ、散策道などが整備されていて、清らかな流れに沿って水辺の散歩を楽しむことができます。春の水面に映る桜は別格です。

石鎚クライミングパークSAIJO

「石鎚クライミングパークSAIJO」は、高さを競うリード競技、完登数を競うボルダリング競技、速さを競うスピード競技用の施設を備えた国内有数の競技場。

初心者から世界トップレベルの選手まで快適に楽しめるのが特徴です。

JOC(日本オリンピック委員会)からスポーツクライミングの競技別強化センターの認定を受けています。

周ちゃん広場

四国最大級の直販所として2006年3月にオープンした「周ちゃん広場」では、西条の「うちぬき」で育った新鮮で美味しい野菜や果物、温暖な瀬戸内海が育んだ鮮魚などを低価格で購入することができます。

地産地消を推進し、地産の野菜や果物を使ったアイスやドレッシングの製造と販売にも力を入れているので、ぜひチェックを。

西条のソウルフード

西条鉄板ナポリタン

熱々の鉄板にのせて提供されるナポリタンは、のんびり屋さんが多い西条の人たちに最後まで美味しく食べて欲しいという喫茶店の店主の心遣いが形になったもの。

40年ほど前から市内で広まり、今では西条市民のソウルフードとして親しまれています。

ワタリガニ

中国山地や四国山地から豊富な養分が流れる瀬戸内海に面する西条市では、海が育んだ新鮮な魚介類を日々の暮らしに取り入れることができます。

中でも秋から冬にかけて旬を迎える「ワタリガニ」は、祭りなどの際に家族や客人に振る舞われるため、西条市では秋祭りといえば「ワタリガニ」を連想する方も多いと言われるほど。

その身は他のカニに比べてきめが細かく繊細で、卵と味噌は濃厚でクリーミーな味わい。

絹かわなす

石鎚山系のミネラルをたっぷり含んだ湧き水で育つ、西条市特有の伝統野菜「絹かわなす」。

絹のように薄くて軟らかい果皮と、アクの少なさが特徴で、生で食べると青りんごの様に爽やかで加熱するとトロッと甘くなる。煮ても、焼いても、蒸してもおいしいナスです。


ツアーへのお申し込み

ツアーへの参加を希望される方には、事前説明会へのご参加をお願いしています。

西条市の移住定住担当者がお待ちしていますので、ツアーについてのご質問やご希望の他、西条市での暮らしに関するご質問、移住や就職、起業に関するお悩みもお気軽にご相談下さい!

【東京会場】

日時:7月27日(土)14:00~16:00

場所:高田馬場OCビル地下2階 地方創生コミュニティスペース(東京都新宿区高田馬場3-12-2)

【大阪会場】

日時:7月28日(日)14:00~16:00

場所:NLC新大阪ビル 地下貸会議室(大阪市淀川区西中島5-9-5)

 

水の都・西条を巡る2日間 無料個別移住体験ツアー
開催日 2019年8月1日(木) 〜2020年3月31日(火)
定員30組
参加費無料
主催愛媛県西条市
参加方法ツアーへの参加を希望される方は、事前説明会へのご参加をお願い致します。

【東京会場】
日時:7月27日(土)14:00~16:00
場所:高田馬場OCビル地下2階 地方創生コミュニティスペース(東京都新宿区高田馬場3-12-2)

【大阪会場】
日時:7月28日(日)14:00~16:00
場所:NLC新大阪ビル 地下貸会議室(大阪市淀川区西中島5-9-5)
お問い合わせ先グリットグループホールディングス株式会社
地方創生プロジェクト事務局
西条市移住相談窓口
TEL:03-5937-8466
※ツアー日程は、1組ごとに調整致します。
※TURNSでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。