バリカタ!フクオカ!
Vol.3【住まい編】
〜戸建ての教科書〜

ふくおかよかとこ移住オンラインセミナー

福岡移住を本気で考える
11回のオンラインセミナーを開催!

TURNS×Tokyo fm×FM FUKUOKAで、福岡移住を熱く考えたい方に向けた、オンラインセミナーを全11回開催します!

福岡移住を本気で検討したい方は、奮ってご参加ください!

 


 

【テーマ:住まい】

住まいのハードルを超える。

1~3回目は「住まいのハードルを超える。」ということで、住まいにフォーカスした内容でお送りします!
生活に必要な衣食住の「住」。家で過ごす時間が増えた今、どんな家に住むかという価値が問い直されています。
家の広さや土地代、家賃…といった住まいの質を、低価格でアップできることが地方暮らしの最大のメリットかもしれません。

1回目 : バリカタ!フクオカ!Vol.1【住まい編】〜空家バンク〜
2回目 : バリカタ!フクオカ!Vol.2【住まい編】〜惚れる家との出会い方〜


3回目【住まい編 〜戸建ての教科書〜】7/30(金) 18:30~20:00

3回目となる今回は、「戸建ての教科書」というテーマでお送りします!

「広い庭のある家に住みたい」「大きい家に住みたい」と一度は夢見た人も多いのではないでしょうか?
そんな夢を叶えられるのが福岡。東京よりもローコストで家を建てることができます。
実際に家を建てる際のポイントなど、気になる方も多いはずです。

そこで今回、福岡県内で空間デザインを得意とする設計事務所「NOTEQUAL 」代表の有吉弘輔さんをゲストに迎え、実際の県内での施工事例や都心と比べた値段感、その土地ならではのルールなど家を建てる際に役立つ情報を幅広く伺います!

夢のマイホームを持ちたい方、必見です。

 

\お申し込み先着40名様に福岡県のお菓子をプレゼント♪/

(出典:FUKUTARO ONLINE SHOP
さらに、お申込みいただいた方先着40名に、福岡県のお菓子をプレゼントします♪お気軽にお申し込みください!

※プレゼントはイベント後に郵送いたします
※プレゼント受け取りには、お申込みだけでなく当日のオンラインイベントへの参加が条件となります

 


 

\住みたか会員も募集中/

「ふくおか住みたか会員」とは?
現在、県外にお住まいで、福岡県への移住を検討されている方を対象に、移住に関する様々な情報をメールでお届けするほか、「ふくおかよかとこ移住応援企業」による割引・特典サービスを提供する制度です。

https://ijuu-teijuu.pref.fukuoka.lg.jp/news/detail/30

 

バリカタ!フクオカ!Vol.3〜戸建ての教科書〜
開催日 2021年7月30日(金)
時間18:30〜20:00
会場オンライン(ZOOM)
定員80名
参加費無料
主催福岡県
協力:TURNS FM FUKUOKA tokyo fm
参加方法ページ下部の「参加申込はこちら」からご参加ください。
自動返信にてZoomのURLをご案内いたしますので、事前登録の上アクセスをお願いいたします。
お問い合わせ先株式会社第一プログレス ターンズ事務局 福岡県担当
TEL :03-6269-9732
MAIL:event★turns.jp(★を@に変えてお送りください)
ゲスト
NOTEQUAL 有吉 弘輔さん
福岡県出身。鹿児島大学および大学院で建築を学ぶ。卒業後フリーのウェブデザイナー、建築設計事務所勤務を経て30歳で独立。20代の時に当時3人で立ち上げたデザイン活動の屋号を引き継ぎ、ノットイコール一級建築士事務所と命名。空間に関するあらゆる規模、形態、ジャンルの設計、デザイン、企画、ディレクション業務など幅広く活動している。
主な受賞に、第33回福岡県美しいまちづくり建築賞 理事長賞、日本建築学会九州支部 第11回建築九州賞 住宅部門 佳作、JID AWARD 2017入選ほか。主な掲載メディアに、商店建築2020年9月号、心地よい空間をつくる小さな設計・建築事務所、LiVES vol.93ほか
モデレーター
むなかたシェアハウスオーナー 谷口竜平さん
1980年生まれ。福岡県宗像市出身。企業・団体、商品・サービスなどのブランドづくり、コンセプトメイキング、事業戦略のサポート、企画・制作などのクライアントワークと、自主事業をプロデューサー・ディレクター・デザイナーとして行う。2020年、宗像大島にて島づくり会社、合同会社「渡海屋」を仲間と協働創業。赤間駅前創業支援施設「fabbit宗像」地元サポーターとして協力。
現在、地元宗像の祖父母から受け継いだ家と土地の有効活用事業として、ツリーハウスのある7,200坪の里山もシェアする”むなかたシェアハウス”を運営。地域の課題をジブンゴトから現実的に未来を見据え、都市と田舎を結ぶ新たな可能性を提案中。

人気記事

新着記事