「今、地方で働くということ。」
TURNS vol.45 【2/20発売】

仕事を変える⇔働く場所を変える。

コロナ禍でリモートワークが加速し、仕事の仕方そのものを考え直す時代になりました。

住む場所や仕事との向き合い方にも大きな変化が生まれ、これまで以上に仕事と暮らしの自由度が増した人も多いかもしれません。

地方に住むという選択をするとき、「仕事」と「暮らし」の両輪がうまく回っていることが大切だとTURNSは考えています。一口に「仕事」と言っても、その人の働き方や価値観、働く場所やその土地が持つ文化によっても変わります。

最新号では、地方で新しい仕事を生み出している企業、地域に根ざした仕事を拡張している市区町村にスポットをあてながら、〝地方で働く魅力〟をご紹介します。

 

TURNS最新号「今、地方で働くということ。」

https://turns.jp/newmagazine

 

特集|今、地方で働くということ。

 

移住者たちが働き、支える宿『LAMP』の下に人が集まる。

LAMP〘長野県上水内郡〙

地域に働きたい場所があれば、移住をする動機になる。そんな考えを裏付けるかのように、LAMPには多くの若者が移住して働き、長野県での暮らしを楽しんでいる。人の集まる店の秘密を、支配人に聞きました。

 

「転職×移住」支援で、キャリアと幸せを再定義する。

株式会社YOUTURN〘福岡県福岡市〙

東京で年収一千万円以上を稼ぐようなビジネスパーソンが、福岡に移住する事例が増えています。立役者は「移住×転職」支援サービスYOUTURN。代表の中村義之さんが語る、「移住×転職」が持つ意義とは。

 

面白法人が追求する『地域資本主義』の今

面白法人カヤック〘神奈川県鎌倉市〙

人のつながりを資本としてとらえる『地域資本主義』の実践。企業と地域、そして働くひと・・・三方よしの新たな経営哲学に迫ります。

 

「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする。

ヒトカラメディア〘東京都世田谷区〙

本社は東京に残し、企業のノウハウを活かした地方での新たな働き方。都市と地方をまたぎ、ヒトカラメディアが出会ったのは「チャレンジ」が連鎖するまち・島根県出雲市。地域住民による自治が盛んなまちで求められる企業の役割とは?

 

地方×ものづくりで求められる「つなぎ手」という働き方

永田宙郷〘ててて協働組合〙

なんでもあるこの時代に、ものづくりに携わりたいと思ったら、はじめの一歩はどうすればいい? ててて共同組合の永田宙郷さんに聞くと、「今、必要なのは作り手より『つなぎ手』です」、と極めて具体的な言葉が返ってきました。

 

第二特集 こんな地域で働きたい! –ローカル先行事例集–

大分県IT部〘大分県大分市〙

クリエイターズ・ワーケーション〘三重県伊勢市〙

七尾事業承継オーケストラ〘石川県七尾市〙 ほか


あなたも「継業」しませんか?

「働く」を見つめ直す名作映画10


TURNS最新号(vol.45)は、全国の書店、Amazonの他、TURNSのオンラインショップ「TURNS商店」でも発売中です!

▼TURNS最新号「今、地方で働くということ。」
https://turns.jp/newmagazine

 

人気記事

新着記事