TURNS

TURNSの「地方への引っ越し準備」
小山市&那須塩原市「ニア東京な暮らし」編

たくさんのご応募ありがとうございます。

定員に達しましたので応募を締め切らせていただきます。10月20日に同イベントの第二回を開催予定ですので、ご興味のある方はぜひそちらにもご応募いただけますと幸いです。


あなたにとって、理想の暮らしとはどんな暮らしですか?

「豊かな自然に囲まれた暮らし」
「広い家でのびのび過ごせる暮らし」
「子育て環境が良いまちで安心して子育てしたい」 
「自分のお店を開きたい」

…望む暮らしのカタチは人それぞれ。理想の暮らしを叶えるため、地方暮らしを考える方も多いですよね。でも、地方に興味はあっても、仕事のコト、住まいのコト、お金のコト、家族のコト…。様々な心配事や悩み事があり、中々一歩踏み出せない方も多いのではないでしょうか?


つまり、理想の暮らしに思いを馳せた後に考えなければならないのは、現実的な「引っ越し準備」について!

そこで、TURNSの「地方への引っ越し準備」と題し、ニア東京な街・栃木県南部の小山市、北部の那須塩原市を題材に、もしこの地域に引っ越したら…?をリアルに考えるイベントを開催します!

引っ越し準備って、いろいろ考えなければいけないことが多くて大変です。何から手をつけたらいいものか一人で悶々と悩んでしまいがち。

・家のこと
・仕事のこと
・暮らしのこと
・生活コスト(水道代、電気代など)
・ご近所のこと
…などなど

このイベントを通して、
「地方への引っ越し」に向けて、何を準備しなければいけないのか、考えておくべきことは何なのか…。実際に引っ越しをするつもりで考えてみてください!

それでは、「引っ越しをしたら…」を考える地域のご紹介。


小山市
小山駅は東京駅から新幹線で約40分、上野駅や新宿駅から在来線で約70分と通勤圏内で、小山市の人口は宇都宮市に次ぐ県内2位の16万7千人の都市です。

「住みやすさランキング」で栃木県内1位を獲得したこともあり、これからの人口増を見込んで、小山駅周辺での子育て支援施設、公共施設機能を併せ持つマンション開発や医療機関近隣地区での大規模住宅開発が進んでいます。

保育料や医療費助成、奨学金の貸与制度や住宅取得支援の制度など手厚い支援で子育て環境が充実しており、さらに新幹線定期購入補助金もあるなど住みやすい街として知られています。

また、渡良瀬遊水地や小山市原産の「思川桜」を見ることのできる思川など自然溢れる地域でもあります。



那須塩原市
那須塩原駅は東京駅から新幹線で約70分と新幹線通勤可能な距離で、朝の時間帯は那須塩原駅始発の新幹線も多く、市の新幹線定期券購入補助制度もあります。

また、湯量豊富な塩原温泉が有名ですが、ほかにも四季の移り変わりを楽しめる渓谷や湿原など、心安らぐ自然環境があり、週末ごとにちょっとした旅行気分が味わえます。生乳生産が本州1位の酪農や農業も盛んで、市内に10ヵ所以上ある直販所や道の駅で新鮮でおいしいものを日常的に購入できます。

そして、黒磯地区の“SHOZO STREET”には、那須塩原市へ移住してきた若者が空き店舗をリノベーションしたお洒落なお店を次々オープンさせており、新たな観光スポットになっています。


\イベント内容のご紹介!/

▶︎小山市の紹介、那須塩原市の紹介
▶︎ファシリテーター自己紹介
▶︎移住学、移住の経済学
移住に至るまでの流れ、移住先を選定する際の視点、考慮すべき点、 必要経費、生活コストについてレクチャーします。移住する場合の住まい、仕事、学校など、理想の暮らしの未来予想図を考えます。
▶︎ゲスト(両市代表者)の自己紹介
▶︎トークセッション(パネルトーク)「小山暮らし、那須塩原暮らし」
田舎暮らしを徹底比較!都心じゃできない、あんなコト・こんなコト。
▶︎両市の情報紹介
▶︎交流会&個別相談会
▶︎アンケート 記入
※小山市、那須塩原市の名産品も準備しますので、味わいながら気軽に参加してください。
※イベント内容は変更になる可能性もございます。

ギュッ!として。小山・那須塩原
https://gyutto-on.jp/


移住とは、つまりは「引っ越し」のこと。

首都圏から近い「ニア東京な暮らし」をしたい、新しい働き方や生き方を考えてみたい、子育てにいい環境での暮らしをしたい、地方暮らしを現実的に捉えたい

なんとなくでも構いません。
地方への「引っ越し」を検討している方のご参加おまちしております。

TURNSの「地方への引っ越し準備」
開催日 2018年9月15日(土)
時間14:00~17:00
会場いいオフィス
地図
住所東京都台東区東上野2-18-7 共同ビル3F
アクセスJR上野駅より徒歩2分
定員20名
参加費500円
主催小山市・那須塩原市
参加方法下記【応募フォーム】よりご応募ください。
お問い合わせ先【イベントについて】
TURNSの「地方への引っ越し準備」
小山市&那須塩原市「ニア東京な暮らし」編 担当者
メール:event@turns.jp
電話:03-6269-9732
【地域について】
・小山市秘書広報課
メール: oyamacity@city.oyama.tochigi.jp
電話:0285-22-9353
・那須塩原市企画部シティプロモーション課
メール: promotion@city.nasushiobara.lg.jp
電話:0287-62-7128
ゲスト
永井 彩華さん/(小山市出身 都内在住)
首都圏在住の栃木県出身者を集めたイベント「栃木ゆかりのみ」主催。株式会社kaettara代表として、栃木県への移住支援や県内の仕事づくりをしています。
古河 大輔さん/(小山市出身 益子町在住)
栃木県小山市出身。仙台で学び、名古屋で働き、南米ボリビアを経由して栃木県へUターン。栃木県内で若者と地域をつなぐ活動の他、小山市に人が集う拠点を作ろうと活動中。
室越 礼一さん(那須塩原市出身 那須塩原市在住)
NPO法人なすしおばらまちづくりプロジェクト代表。なすしおばらファンクラブ「エールなすしおばら」の運営。戦略ファシリテーター。
受付終了