TURNS

デュアルでルルル♪カフェ vol.2
あなたもできる! 自分のスキルを活かして
地域に貢献するデュアルライフ in 山梨
オンラインイベント開催!

イベントは終了しました。

【デュアルでルルル♪カフェ】(全3回)開催中!

山梨県がライフシフトのヒントをお届けする番組Tokyo FM「デュアルでルルル♪」のラジオ出演者と交流できるイベント
【デュアルでルルル♪カフェ】(全3回)を開催中!

 

第2回目となる今回のテーマは
『あなたもできる! 自分のスキルを活かして地域に貢献するデュアルライフ』

新たに何かスキルを習得するのではなく、今あなたの持っているスキルを活かして、地域で活躍することもできます。

本イベントでは、山梨県に拠点を移し、東京都との二拠点居住をされている2組のゲストをお招きして、地域でのスキルの活かし方のヒントを伺っていきます!

「今あるスキルを使って地域に貢献したい、スキルを活かせる場所が欲しい。」
そう思っている方はぜひご参加ください。
※緊急事態宣言画院長に伴い、完全オンラインでの開催に変更となりました。

 

たくさんのご参加をお待ちしております。

 

参加のお申し込み
こちらをクリック

 

登壇ゲスト① 田口 孝貴さん(山梨県北杜市⇆東京都)

東京都心の生命保険会社で営業マンを勤め、奥さんと保育園に通う6歳の男の子、3歳の女の子の4人暮らし。

2017年1月に北杜市の子育て支援住宅に入居して土地を探し、2019年9月に330平方メートルの敷地に2階建て住宅を着工。新型コロナ感染拡大を受けて、2020年3月に急遽設計を変更。玄関とは別の入り口から入る4畳半のテレワーク部屋も作り、入居した。

北杜に来た当初は週に4~5日間東京に滞在していたが、感染拡大後は保険の契約などがオンライン化したため、出勤する必要性が少なくなり、週に1日か2週間に1日に激減した。

現在は生活の本拠を山梨県に置きながら、東京都との二拠点生活を送っている。

 

登壇ゲスト② 中川 宏文さん(山梨県富士吉田市⇆東京都)

オーストリアの建築設計事務所でのインターンシッフなどを経て、2016年に大学院を修了し、坂牛卓教授が主宰する設計事務所〈O.F.D.A.〉に就職。それと同時に、地域おこし協力隊として、東京と富士吉田市を毎週行き来する二拠点居住&ダブルワークをスタート。

現在もその働き方を継続しつつ、富士吉田市では、建築設計活動だけでなく、行政や地元企業、大学生と共に、まちづくりに関わる企画立案や構想作成などに取り組んでいる。

「ふじよしだ旧製氷工場コンバージョン」にて〈ふじよしだ定住促進センター〉や〈FUJIHIMURO〉の設計、「坂牛邸」の設計などの設計担当事例がある。

 

\こんな人におすすめのイベントです/

○山梨県に興味のある方、行ってみたい方
○二拠点生活を実践してみたい方
○暮らしを変えたい方
○地域との関わり方に興味のある方
○自然と近い暮らしをしたい方
○UIJターン希望者

デュアルでルルル♪カフェ vol.2
開催日 2021年2月19日(金)
時間19:00〜20:45(18:45~入室可能)
会場ふるさと回帰支援センター 4階「セミナールームB」
オンライン(ZOOM)でも同時配信
地図
住所東京都千代田区有楽町2−10−1 東京交通会館4F
アクセスJR山手線・京浜東北線「有楽町駅」より徒歩1分、地下鉄有楽町線「有楽町駅」および「銀座一丁目駅」より徒歩1分
定員オンライン30名(先着)
参加費無料
主催山梨県

<共催>
認定NPO法人ふるさと回帰支援センター
東京オフィス2021年第125回ふるさと暮らしセミナー
参加方法下記の応募フォームよりお申し込みください。
当日時間になりましたら、会場にお越しいただく、もしくはオンライン参加の方はURLにアクセスをお願いいたします。
お問い合わせ先TURNSイベント係
TEL:03-6269-9732
Mail:event@turns.jp
当日スケジュール

19:00 開会の挨拶&番組紹介

19:08 モデレーター・コメンテーター自己紹介

19:13 ゲスト自己紹介① 

19:18 ゲスト自己紹介②

19:23 パネルトーク

20:00 質疑応答

20:05 休憩

20:15 参加者を交えた座談会

20:36 アンケートのご案内

20:38 山梨県からのお知らせ

20:45 終了

参加対象

全国の20〜40代の方

(出身地、居住地問いません。興味のある方はどなたでもOK)

応募締切

2021年2月18日(木)16:00まで

注意事項

・オンライン視聴用URLはイベント申し込み後にメールにてお送りいたします。

ゲスト
田口 孝貴さん(山梨県北杜市⇆東京都)
1976年、東京都生まれ。都内の保険会社で営業マンとして勤務している。
2017年、妻と2人の子どもを伴い北杜市に移住。2020年6月には、同市内に仕事部屋付きの一軒家を新築した。都内の実家との2拠点で生活している。
中川 宏文さん(山梨県富士吉田市⇆東京都)
1989年、長崎県長崎市生まれ。熊本で建築を学び始め、大学院進学に合わせて上京。
大学院在学中に研究室で応募した富士吉田地域デザインコンペティション物件改装部門で最優秀賞を獲得したことがきっかけに、富士吉田市のまちづくりに関わり始める。
大学院卒業と同時に、建築家坂牛卓が主宰する設計事務所O.F.D.A.(東京)に所属しながら、富士吉田市地域おこし協力隊(富士吉田)として、富士吉田市に移住。東京と富士吉田の2拠点生活をスタートする。
協力隊の任期終了後も2拠点生活を続けながら、行政や地域の人々と建築デザインを通じたまちづくり活動を続けている。
モデレーター
堀口 正裕/TURNSプロデューサー
株式会社会社第一プログレス常務取締役
TOKYO FM「SkyrocketCompany スカロケ移住推進部」 「デュアルでルルル♪」ゲストコメンテーター。
国土交通省、農林水産省等での地方創生に関連する各委員を務める他、地域活性事例に関する講演、テレビ・ラジオ出演多数、全国各自治体の移住施策に関わる。
東日本大震災後、豊かな生き方の選択肢を多くの若者に知って欲しいとの思いから、2012年6月「TURNS」を企画、創刊。地方の魅力は勿論、地方で働く、暮らす、関わり続ける為のヒントを発信している。
コメンテーター
齋藤 萌さん/やまなし暮らし支援センター 移住相談員
山形県出身。大学在学中に出会った山梨県富士吉田市へ地域おこし協力隊として2013年にIターン。観光や移住のPR経験を活かし、2019年より東京の「やまなし暮らし支援センター」にて移住相談員を務める。国内旅行やご当地グルメが好き。マイブームは家庭菜園と桃鉄。
受付終了