TURNS

北アルプスdeフクシ
~「ここで暮らす魅力」と
「人を支える働き方」
を語るティータイム~
北アルプスdeフクシ

“雄大な北アルプスのふもと”
“安曇野に広がる田園風景”
“豊かな自然に囲まれた環境”

信州―北アルプス地域には、バラエティに富んだ暮らしのベースがあります。
地元産食材を使ったスイーツでティータイムを楽しみながら、ここで暮らす魅力と、
働き方の一つとしての福祉・介護の場面で活躍されている皆さんにお話を聞いてみませんか。

交流会では、北アルプス地域での暮らしやしごとを支えるスタッフから、
さらにこの地域の魅力についてお話を聞きます。

///////////////////////////////////
ゲストトーク~暮らし編~

・中島水姫さん/ヨガインストラクター(長野県池田町在住)
スノーボードなどを中心とした生活をきっかけに長野県白馬村へ移住。その後結婚を機に池田町へ。現在はヨガインストラクターとして活動しつつ週末にはスキー場に出かけたりと北アルプス地域の暮らしを満喫中。

///////////////////////////////////
ゲストトーク~仕事編~

・介護支援専門員(長野県白馬村)
自然に惹かれ横浜市から白馬村に移り、20年近く定住。地域で音楽活動に取組んでおられる。介護職(介護福祉士)を経て現職。

・介護職員/看護職員ご夫妻(長野県池田町・松川村)
銀座NAGANOでイベントが契機となり、ご夫妻でこの地域に移住し、それぞれの職種で活躍されながら当地での生活を楽しまれている。

・保育士・社会福祉士(長野県大町市)
首都圏のご出身で、北アルプス地域で山村留学を体験。一旦東京で生活されるも、山の見える場所で暮らしたいと思い長野県に移住。結婚を機に北アルプスの麓に転居。働きながら子育て中。

///////////////////////////////////
ティータイム(スイーツのご提供)
農園カフェ ラビット
スイーツは、移住後に大町市でお店を開く
「農園カフェ ラビット」オーナーシェフ/児玉信子さんに、ご提供いただきます。
http://www.kanko-omachi.gr.jp/foods/2017/03/post-25.php
https://www.facebook.com/nouen.cafe.rabbit/

///////////////////////////////////
ゲストのトークに続いては、暮らしや福祉・介護の仕事のリアルを聞けるテーブルトーク交流会を開催。聞きたい質問や相談を気軽に直接、質問できます。この機会にぜひ北アルプス地域で「暮らす魅力」と、「人を支える働き方」に触れてみてください!

///////////////////////////////////

\タイムスケジュール/
11:00  イベント開会
11:10  北アルプス地域の紹介
11:25〜 ゲストトーク~暮らし編~
11:55〜 ティータイム(スイーツのご提供)
12:00〜 ゲストトーク~仕事編~&トークセッション
12:45〜 テーブルトーク交流会
12:50〜 まとめ、アンケート記入など
13:00  イベント終了
※スケジュールは変更になる可能性もございます。

北アルプスdeフクシ
~「ここで暮らす魅力」と
「人を支える働き方」
を語るティータイム~
開催日 2020年1月13日(月)
時間11:00〜13:00
会場銀座NAGANO 2Fイベントスペース
地図
住所東京都中央区銀座5丁目6-5
アクセス 東京メトロ銀座駅 A1・B5出口から徒歩1分
JR有楽町駅から徒歩7分
定員30名
参加費無料
主催長野県(社会福祉協議会、地域福祉課、北アルプス地域振興局、大町保健福祉事務所)
参加方法【受付終了】
お問い合わせ先長野県 大町保健福祉事務所
福祉課 社会係 北アルプスdeフクシ担当
電話/0261-23-6507
ゲスト
中島水姫さん/ヨガインストラクター
スノーボードなどを中心とした生活をきっかけに長野県白馬村に移住。結婚を機に池田町へ。白馬村でヨガと出会い、現在は子育てをしながら、ヨガインストラクターとしてセミプライベートレッスンや、フィットネスクラブ、地域の施設などでヨガクラスを開催。週末には子どもたちと一緒にスキー場へ出掛けるなど、「北アルプス地域の暮らし」を満喫。
スイーツ提供者
児玉信子さん/「農園カフェ ラビット」オーナーシェフ
1963年東京生まれ。調理師免許取得後、渡米。カリフォルニアでシェフとして働くかたわらファーマーズマーケットを手伝う中で、素材の大切さを実感。帰国後は北アルプスの麓の長野県大町市に移住し、西洋野菜や伝統野菜を自ら育て、味わえるレストランを開業。狩猟免許も取得し捕獲から解体、料理まで一人で行う。
参加団体
長野県(社会福祉協議会、地域福祉課、北アルプス地域振興局、大町保健福祉事務所)、大町市、池田町、松川村、白馬村、小谷村(各移住担当者)、社会医療法人城西医療財団、社会福祉法人幸充、社会福祉法人大町市社会福祉協議会
ファシリテーター
堀口正裕(TURNSプロデューサー)
(株)第一プログレス常務取締役。
新しいライフスタイル、本物の豊かな暮らしを追求し、雑誌「LiVES」「カメラ日和」「tocotoco」等の創刊に尽力。2012年6月、日本を地方から元気にしたい、地方暮らしの素晴らしさを多くの若者に知って欲しいとの思いから「TURNS」を企画、創刊。「TURNSカフェ」や「TURNSツアー」といった、地域と若者をつなぐ新しい形式のイベントを展開。地方の魅力は勿論、地方で働く、暮らす為のヒントを発信している。
受付終了