TURNS

〝泊まって働く〟 立科町で、新しい ワークスタイルを発見

都会から約3時間の自然豊かな立科町。
移住が目的の人も、働くための新しい環境を探している人も。
自然の中で〝泊まって働く〟おためしワークが気軽に体験できる。

▲大自然のそばで、オンとオフの切り替えができる。

テレワークによる地方での働き方に関心があるけど、きっかけが掴めない、といった人も多いのではないだろうか。

長野県中部の北佐久郡に位置する立科町では、白樺湖などのリゾート地としても知られる恵まれた自然環境や、ペンションなどの宿泊施設といった資源を活かし、テレワークを推進する企業の誘致からテレワーカーの育成まで、地域住民とともに取り組んでいる。子育て世代に向けたテレワークによる「働き方セミナー」、さらに具体的に働きたい人には研修も実施し、仕事の依頼も始まっている。移住希望の人にとっては、本業の空いた時間にスキマワークができる可能性が広がるだろう。

▲宿泊施設と連携することで恵まれたワーケーション環境を提供。

もうひとつ注目なのが、地域の宿泊施設と連動し、宿泊しながら、仕事ができる立科WORKTRIPだ。今までなかなか適切な宿泊施設が見つからなかったチームでの開発合宿やハッカソン、ワーケーションなどを壮大な自然の中で実施できる。Wi-Fiはもちろん、プロジェクター・ホワイトボードなども無料で利用でき、現在は6施設が申し込み可能だ。
自然の中での、新しいワークライフバランスの発見。〝泊まって働く〞ことで、新しい働き方の可能性が見えて来る。

立科WORK TRIP【お申込みの流れ】
1-webサイトへアクセス
https://www.work-trip.com/
2-開発合宿・ワーケーション・ハッカソンを開催する宿を決める
3-ご宿泊先のご予約
4-チェックイン
5-開発合宿・ワーケーション・ハッカソンスタート
6-自然の中でお好きな時間を過ごす
7-チェックアウト

————-
お問い合わせ
立科町 企画課 企画振興係
TEL:0267-88-8403  FAX:0267-56-2310
E-MAIL:kikaku@town.tateshina.nagano.jp

文・間部淳