TURNS

「小谷村×白馬村」
職場と住まい2つのエリアで
充実の移住ライフ!

中古スノーボードの買取・販売店「モンスタークリフ」を営む佐藤さん。
「職場が白馬村、住まいは小谷村」というライフスタイルを送る佐藤さんに
職場と住まいを分けた両エリアの魅力を語ってもらった。

千葉県船橋市出身の佐藤敦俊さんは、17歳のときにスノーボードに出合いその魅力に惹きこまれた。大学時代に趣味の域を越えて個人で中古のスノーボードを買取り、自分でリペアしてネットで販売を開始。そこで貯めたお金で新たなギアを買ったり、国内外に遠征をしていた。

「当時、千葉に屋内スキー場があったのですが、大学卒業後、その隣にある自動車会社の営業所に就職したんです。だって勤務前後に時間ができたら、すぐに滑りに行けるじゃないですか(笑)それだけ当時からスノーボードが好きなんです。」といった、いかにスノーボードが好きだったかというエピソードをひとつ話してくれた。

その会社に6年ほど勤めた後、ITベンチャーの会社に転職。Webを活用し、本格的にスノーボードギアの買取・販売業を始めるべく、Web制作のスキルを学びたかったのだという。

数年間の勤務の後、2012年に中古スノーボードの買取&販売店「モンスタークリフ」を地元船橋で立ち上げた佐藤さん(現在は千葉店として弟さんが勤務)。その根底には、スノーボード関連のギアをリサイクルしてなるべくゴミを出さないようにすること、中古品をリペアし、ギアを廉価で提供することで、初心者も気軽に始めてほしい‥という熱い想いがあった。

そんな佐藤さんに移住の転機が訪れたのは、会社を設立してから2年後のこと。奥様の妊娠がわかったときだ。「自然豊かな環境で子育てしたいという気持ちもありましたし、千葉で子育てをすると、僕自身がスノーボードを楽しむ時間がとれなくなってしまうと思いまして。ゲレンデのある地域に移り住めばちょっとした時間に滑りに行けるし、何より子供とも一緒に遊べますからね。妻もスノーボード好きなので、その考えには快く同意してくれました。」

すぐに移住のためのアクションを起こした佐藤さんは、学生時代から何度も通った白馬・小谷エリアで物件探しをスタート。昔から2000mクラスの山々の中にあるゲレンデの雰囲気が気にいっていたことに加え、かつて白馬村でアルバイトをしていたときに、一緒に働いていた人が小谷村に住んでおり、その環境の良さについて熱く語っていたのが、頭から離れなかったのだという。

視察で小谷村を訪れた佐藤さんは、現在住んでいる家に一目惚れ。元々、別荘として使われていた物件はログハウス風の造りで、スノーボードのギアを置くスペースも十分。家の周辺は緑に囲まれて空も広く、これぞ田舎暮らしという、イメージ通りの環境だったという。なんと、初回の訪問時に契約も済ませてしまった。そして、職場である「モンスタークリフ」は、スノーボーダーの来客が多い白馬村に構えた。いわば北アルプス地域での二拠点暮らしだ。

佐藤さんに住まいと職場をエリア分けするメリットを聞いた。
「簡単に言ってしまうと、それぞれの良いところをとって生活できるということですね。白馬村はアウトドアショップやスーパーマーケット、飲食店やカフェも多くて買い物などには便利。地方の中では都会的と言ってもいいかもしれません。また、仕事からするとウィンタースポーツをやるお客さんは多い方がいいので、会社は白馬村にある方が、都合が良いんです。一方、小谷村はこれぞ田舎暮らしという環境。行楽シーズンでも人であふれることなく、のんびりしていて子育てに向いていると思います。引越して最初の冬は思った以上に雪かきが大変で、除雪機を買うなどして四苦八苦していましたが、そんな姿を見て近所の皆さんが手伝ってくれ、自然と打ち解けることができましたし、小谷村の人たちのあたたかさを感じましたね。

小谷村は定住促進の補助金も充実していて、移住したら1名につき5ポイント、さらに夫婦で移住すると+50ポイント(※転入時夫婦のいずれかが45歳以下が条件)、12歳以下の児童がいたら+100ポイント、消防団に入ったら+10ポイントがもらえます。1ポイントは1万円で住宅の新築や改修費や、自動車や除雪機の購入資金に充てられるんですね(上限は200ポイント)。僕も実際に活用させていただいて、移住のときは大いに助かりました。」

また、それぞれに特色のあるコミュニティを体験できるのも大きな魅力だと佐藤さんは言う。「白馬村は移住者も多く“何かやろう!”というエネルギーに満ち溢れている。一方、小谷村は今の生活を崩さずに、皆穏やかに生きていて、最初は少し距離があるんだけど、一度受け入れてくれると、ホントに暖かく見守ってくれるんです。近所のおばあちゃんが野菜をくれたりね。」

会社の事業は順調で、2019年からは前々から考えていたスキー板の買取・販売もスタートし規模を拡大。さらにシーズン貸しなどを含めた魅力的なプランを用意したスキー・スノーボードのレンタル事業も始めている。精力的に働く一方、オフの日は家族で白馬村や小谷村近隣の山や川、湖といった自然豊かなフィールドで、アウトドア遊びを思う存分楽しんでいる。

そんな佐藤さんに現在移住を考えている方へのアドバイスを聞いてみた。
「小谷村には、移住おためし住宅という、地域を実際に体験できる施設もあるので、まずはそこを活用するのもいいと思います。それと僕が心がけていたのは、地元のコミュニティに積極的に飛び込んでいくということ。例えば、地元の祭事に参加したり、消防団に入ったり。真摯に勇気を持って行動すれば、それを受け入れてくれる地元の方が必ず現れるはずです。」

仕事に、遊びに、充実した毎日を送っている佐藤さん。
その笑顔から、2つのエリアでの暮らしの満足度が伝わってきた。

 


Home(小谷村)


▲冬は家の前にたまった雪山が子どもの遊び場。遊び方は無限大!


▲実は佐藤邸は一部をシェアハウスにもしている。シェアメイトと楽しい話が尽きない。


▲家のベランダはくつろぎのスペース。リクライニングチェアで山々を眺める至福のひととき。


Private(小谷村&白馬村)


▲白馬村の松川沿いをスケボーで滑走する佐藤さん。娘さんはここをストライダーで走るそう。


▲白馬村はアウトドアショップが充実。「patagonia」で、ウェア探しなどのショッピングを楽しむ。


▲白馬村のカフェ「Hige Café」で、友人と世間話。


▲小谷村のウッドチップロードで紅葉を鑑賞しながら散歩。日常で四季を感じられるのも小谷村の良さの1つ。


Work(白馬村)


▲白馬村にある佐藤さんの会社「モンスタークリフ」は白馬村にある。看板はスノーボードがモチーフ。


▲倉庫には買取ったギアが。“廃棄せず、リペアして再利用”という佐藤さんの想いが詰まっている。


▲買取はWeb「買取モンスター」のほか、店舗でも可能。すぐ査定額が出るシステムが秀逸だ。

文・写真・安藤“アン”誠起


——————————-
\イベント情報/
——————————-

【小谷村】
おたり暮らしのカタチ
小谷村の冬を楽しもうツアー

小谷村の冬をめいっぱい楽しむツアー。
メディアにも取り上げられた冬の特産品「雪中キャベツ」を使った料理作り、冬の民具「かんじき」で雪山ウォーキングなど親子で楽しんでいただける内容です。ご希望の方は村内の移住おためし住宅に宿泊可能です。(別料金、要事前予約)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
日時:2020年2月1日(土) 10:00~16:00
参加費:大人(中学生以上):1,500円、小学生:500円
定員:15名(最少催行人数5名)
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

◇施設紹介「移住おためし住宅」について
「移住おためし住宅」は、小谷村の暮らしを知りたい、体験したいという方に一定期間滞在していただける施設です。空き家探しや仕事探しの際の拠点として利用できる他、自然や伝統文化に触れる様々な体験メニューもご用意しています。短期用、中長期用の2タイプがありますので滞在スタイルや目的に合わせてご利用いただけます。1人1泊2500円~。

ツアー、移住おためし住宅に関するお問い合わせ・お申し込み
小谷村役場 特産推進室
0261-82-2589
iju@vill.otari.nagano.jp
https://www.otari-biyori.com/tour/

—————————————————————————————————————————

【白馬村】
白馬村暮らし案内ツアー
白馬村の生活圏を体験してみませんか

村内の生活圏を中心としたツアーを開催しています。
おひとり様でも大歓迎。参加費無料で、通年随時実施しています。村内を巡りながら、学校、遊び場、買い物、病院、飲食店や行政施設などを実際に見学(基本的に外観のみ)します。その他ご希望の施設がありましたらお問い合わせください。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
日時:平日9:00~17:00 のうち1~3時間
参加費:無料(白馬村役場までの交通費は参加者負担)
※担当またはツアー先の都合によりお受けできない日時、場所があります。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

お問い合わせ・お申し込み
白馬村役場総務課
0261-72-7002
somu@vill.hakuba.lg.jp

—————————————————————————————————————————

【北アルプス連携自立圏/移住相談窓口】
長野に興味がある、詳しく知りたい、移住を検討したいなどなど
専任の相談員が様々な質問にお応えします!お気軽にお越しください。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
日時:2020年1月11日(土)2月8日(土)3月7日(土)13:00〜18:00
場所:ふるさと回帰支援センター
(東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル8F)
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

お問い合わせ・お申し込み:
移住相談窓口 TURNS 北アルプス連携自立圏事務局担当
03-6269-9732
https://turns.jp/21138