TURNS

好きなことを仕事にする!愛知から始まったセルフプロデュースと、自分の“魅せ”方
Girls Meeting Aichi vol.2 レポート

8月に愛知の“カワイイ“をお伝えし、好評だった「Girl sMeeting Aichi」の第2回が9月29日(土)に大手町のTRAVEL HUB MIXで開催されました。
今回のテーマは「好きなことを仕事にする!セルフプロデュース力を磨く方法を学ぶ女子会」です。
好きなことを仕事にしてキラキラ輝いている女性を見掛けることはありませんか?彼女たちの魅力の秘訣は「セルフブランディング」にあるのかもしれません。
今回のイベントでは愛知県出身の人気インスタグラマー・くるみさんをゲストに、自分らしく生きていくお話や、東京にこだわらず、地元の愛知で活動してきたお話をお伺いします。

イベントのファシリテーターは前回に引き続き、大ナゴヤ大学学長の山田卓哉さん。
今回も女性が喜ぶ愛知の魅力について教えていただきました。
横浜で有名な赤レンガ、実は愛知県にも「赤レンガ」あるそうで、オシャレなカフェやショップがあり、インスタ映え間違いないようです!
また、みなさんの食卓でよく見掛けるミツカン、カゴメなどの食品メーカーも実は愛知県の会社。自動車産業だけでなく、愛知には様々な企業があり、経済基盤もしっかりしています。
また、愛知県蒲郡市で開催されるフェス「森、道、市場」をはじめ、休日に地元で楽しめるイベントがたくさんあります。

 

愛知から始まった、自分らしい仕事

そして、お待ちかねのゲスト・くるみさんの登場です。
くるみさんは愛知県名古屋市出身。黒を基調とした独特なモードスタイルの感性を持ち、自身の世界観を体現しているインスタグラマーとして、フォロワー数13万人とたくさんの方から支持を集めています。また、彼女のアクセサリーブランド「krm」は男女問わず人気ブランドとして成長。インスタグラマー、アクセサリープロデューサーとして活躍しています。

くるみさんはもともとは愛知県でフリーのモデルとして活動していました。ちょうど若い女性の間でSNSが人気になりつつあるころ、ハンドメイドのアクセサリーや自身のファッション・ライフスタイルを発信するようになり、次第にモデルのお仕事に声が掛かるようになっていきました。最初はヘアサロンのモデルから始まり、ブランドやカメラマンの作品撮りなど、徐々に仕事の幅が広まっていったそうです。

写真はくるみさんのインスタグラムから。黒を基調としたモードスタイルは唯一無二の世界観。インスタグラムの見せ方には徹底的にこだわっているそうです。
イベントの準備中も、登壇者席にカラフルな椅子を置いていたところ、白い椅子に変更する徹底ぶりで、くるみさんのこだわりが垣間見えた瞬間でした。

「全体のバランスと、一つ一つの写真にこだわります。自分の顔を載せ過ぎず、アクセサリーや着ている洋服もアップしています。自分の伝えたいことを明確にするため、世界観に合わない写真は絶対に投稿しないです。」
と、インスタグラムでの発信のポイントを教えてもらいました。

現在は東京で暮らしているくるみさんですが、今でも仕事やプライベートで愛知県名古屋市との間を頻繁に行き来しているそうです。

くるみさんは「東京に出て頑張ろう!」という女の子もたくさんいると思います。その中で、私は名古屋に留まることを決めました。それは、SNSでの発信は自分を自由に表現できることだから。東京という場所にこだわらず、発信できることが強みだと思っています。また、東京だと同じような夢をもった女の子がたくさんいて埋もれちゃいそうな気がして。まずは名古屋で大きくなりたいと思って活動してました。」と、愛知で活動してた理由、地域にとらわれないセルフブランディングについて教えてくれました。

 

トークの中では、くるみさんの地元・名古屋のオススメのお店も紹介してもらいました。

まずは、名古屋にある「 Maison YWE」です。 栄養士さんが考えてご飯を作っており、野菜はすべて有機野菜。くるみさんは何度も「めちゃくちゃ 美味しい…!」と呟いていました。店内もオシャレで居心地も良く、くるみさんは打ち合わせで使ったり、東京から来た友達をここに案内するそうです。

栄にある「SATURDAYS SURF NYC 名古屋」は、コンクリートが基調のシンプルな佇まいが、 くるみさんの世界観に合っているそうでお気に入り。よくここで写真を撮るそうです。 大須にある「カンノンコーヒー」も最近オススメで「キャラメルラテ」が美味しいとのこと。ファシリテーターの山田さんも、近くに職場があることもあって、仕事前によく立ち寄るそうです。

今でも、撮影やお仕事、家族に会うためによく名古屋に帰っているというくるみさん。「ちょっと前に知多半島の野間灯台で撮影しました。」と、教えてくれました。
名古屋から車を1時間ぐらい走らせれば、海にも山にもいけるそうで、愛知には自然豊かな場所からオシャレなスポットまで、身近にインスタ映えしそうな場所がたくさんあるようです。

 

 

外見の“魅せ”方を学ぶ。
自分に合う色を見つけるメイク講座

イベントの後半では、外見の魅せ方を学ぶべく、愛知県名古屋市在住のヘアメイクアーティスト・神谷美砂子さんをお招きして、メイクアップ講座を開催しました。
神谷さんは愛知県の知多半島出身。たくさんの女性の悩みに向き合う中で、「もっと『自分』を楽しんでもらいたい。」と人気の「顔カルテ」メイクレッスンを開催しています。

神谷さんはブライダルメイクでも活動中とのこと。また、神谷さんの周りには愛知在住の女性起業家が多く、セミナーなどでのヘアメイクもするそうです。

「名古屋というと『名古屋巻き』が有名ですが、愛知の女性は独自の美容文化を生み出していますよね。」と、神谷さん。愛知の女性は、自分の魅力を体現するのが上手な方が多いのかもしれません。
今回は神谷さんから、自分の顔に合った「ベースメイクの色」を教えてもらいました。実際に腕に様々な色のコントロールカラー(化粧下地)を塗り、肌馴染みの違いを見比べていきます。

こうやって実際に塗ってみると、人それぞれに合った色が違って、参加者は興味津々。神谷さんから個別にアドバイスをいただき、より自分を魅力的に見せる、「自分に合った色」を見つけていきました。

東京にいなくても、できることがある

今回のイベントでは、東京にいなくても、自分の世界観をしっかり持っていれば、どこにいても発信でき、自分の好きなことを仕事にできるチャンスがあることを教えてもらいました。
そして、お二人のトークから、愛知は女性向けのオシャレなお店も多く、自然も豊かで、経済や歴史も奥深いことを知り、自分らしく生きる女性がキラキラと輝ける環境に溢れていると感じました。

そんな愛知に行って、自分の好きなことを見つけたくなりました。

(写真・文:田代恵理)