TURNS

小田急電鉄『鶴川駅の新たなあり方』を考えるコンテスト開催中!
エントリー〆切:8月31日/作品提出〆切:9月28日

小田急電鉄(株)は、鶴川駅周辺の価値向上に寄与する様々なアイディアを公募するアイディアコンテストを実施します。

鶴川駅周辺は、鶴見川、香山緑地などの水とみどりに囲まれ、川崎市、横浜市などの市外も含めた一帯の拠点として、町田市の文化、交流の核となる「東の玄関口」です。

周辺には、南に鶴見川、沢谷戸自然公園などの水とみどりに囲まれ、北には、「旧白洲邸武相荘」や「香山園庭園・美術館」等文化施設や大小さまざまな公園があり、自然と文化、子育ての面でも魅力のある街。

鶴川の認知度をさらに高めてくれるアイディアを募集中で、応募内容は大きく、
・駅舎デザイン部門
・駅周辺空間アイディア部門
・駅活用アイディア部門

の3部門で募集中。

著名審査員が名を揃えていますが、駅活用アイディア部門は比較的どんな人でも参加できる部門なので、まずはエントリーしてみてはいかがでしょう?

エントリーは8月31日まで、作品提出〆切は9月28日まで(必着)

詳細はこちら
https://compe.japandesign.ne.jp/tsurukawa/


-賞-

【駅舎デザイン部門】
●最優秀賞(1点) 賞金50万円、ロマンスカーで行く箱根1泊2日ペア旅行券
●優秀賞(2点) 賞金15万円、小田急グループホテル宿泊券
●佳作(3点) 賞金5万円

【駅周辺空間アイディア部門】
●最優秀賞(1点) 賞金20万円、ロマンスカーで行く箱根1泊2日ペア旅行券
●優秀賞(2点) 賞金10万円
●佳作(3点) 賞金3万円

【駅活用アイディア部門】
●最優秀賞(1点) 賞金10万円、ロマンスカーで行く箱根1泊2日ペア旅行券
●優秀賞(2点) 賞金5万円
●佳作(10点) 小田急グループ商品券
●ゼルビア賞 FC町田ゼルビアホームゲーム シーズンチケットメインS席 2019シーズン選手サイン入りユニフォーム(複数点)

 

-募集内容-

鶴川駅周辺の価値向上に寄与する様々なアイディア
※未発表のオリジナル作品に限る
※複数応募可

【駅舎デザイン部門】
自由通路を含む、鶴川駅舎のリニューアルデザイン
対象とする提案の範囲
・駅舎(事務所、トイレ、改札口、券売機周辺および通路部分を含む)
・自由通路
※プラットホームは含まず
※公式ページ提供資料のリニューアルコンセプトを反映し、デザインしてください

【駅周辺空間アイディア部門】
駅舎自由通路全体のデザインだけではなく、あったらいいなと思う機能やアイディア
街から駅へ接続する駅前広場から自由通路をより多くの方に利用いただき、愛される駅にするためのアイディア
※ベンチ、照明、サイン計画、アート作品(待ち合わせスポット)等によって、駅と自由通路、駅前広場が「人と人」、「人と街」をつなげ、地域の魅力を向上する空間となるようなデザイン・アイディアを募集

【駅活用アイディア部門】
鶴川駅および周辺地域(駅前公園、商業施設のオープンスペース)で実施したい、実施してほしいイベント、新しい鶴川駅がこうなったら嬉しいというアイディア
※自由通路、駅前広場などを利用したイベントや鶴川駅構内を活用し、実現したいアイディアを募集

 

-審査員-

●審査委員長
五十嵐 秀(小田急電鉄株式会社 常務取締役)

●審査員
齋藤精一(株式会社ライゾマティクス 代表)
武井 誠(TNA、東京大学・京都工芸繊維大学 非常勤講師)
鍋島千恵(TNA、日本大学・法政大学 非常勤講師)
山崎 亮(株式会社studio-L 代表、コミュニティデザイナー、社会福祉士)
大友健寿(株式会社ゼルビア 取締役社長)
大川原 久(鶴川地区町内会自治会連合会 会長)
近藤一秀(鶴川商店会 会長)
鈴木伸治(町田市景観審議会 会長、横浜市立大学 教授)
萩野功一(町田市 都市づくり部 都市整備担当部長)
小田急電鉄株式会社 コンテスト実行委員)

小田急電鉄 鶴川駅アイディアコンテスト
主催【主催】小田急電鉄株式会社
【協力】町田市、FC町田ゼルビア
【実施協力】株式会社JDN、株式会社HOOP
参加方法下記、詳細・お問い合わせよりご応募ください。
お問い合わせ先〒110-0005
東京都台東区上野5-3-4-4F
小田急電鉄 鶴川駅アイディアコンテスト 2018 事務局(JDN内)
tsurukawa★japandesign.ne.jp
★を@に変えて送信してください。
※対応時間 平日9:00~17:00
※TURNSでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。