TURNS

信州で暮らす、働くフェア
【7月8日(日)開催】長野県最大級のまるごと移住相談会

2018年7月8日(日)に長野県最大級のまるごと移住相談会が東京で開催されます。

全国4位の面積を誇る長野県には、10の地域に77もの市町村が点在しています。
今回開催される「信州で暮らす、働くフェア」では、その中から26の市町村が参加し、地域の特色や移住者応援施策の紹介、移住のい・ろ・は相談などを行います。

参加市町村がこちら!

長野市、上田市、飯田市、須坂市、伊那市、大町市、飯山市、佐久市、東御市、 小海町、佐久穂町、立科町、長和町、青木村、辰野町、箕輪町、飯島町、宮田村、 阿智村、下條村、天龍村、喬木村、池田町、松川村、小川村、山ノ内町

就業分野別個別相談ブースでは、就農相談、起業を応援する制度の紹介、企業への就業相談など…暮らしのほかにも、仕事についても相談することができます。

そして、フェア当日にはゲストを招いての記念講演も行います!
ゲストは、長野県東御市御牧原の山の上にポツンと佇む小さなお店『(株)わざわざ』の平田はる香さん、湖畔のキャンプ場で本を愉しむフェスティバル「ALPS BOOK CAMP」の主催者でありカフェ兼リトルプレス専門書店『栞日sioribi』店主の菊地徹さん。

トークテーマが「長野に移住したことが全ての始まりだった」(平田はる香さん)「ないからつくる ~栞日とALPS BOOK CAMPの視点~」(菊地徹さん)。
長野への移住、そしてお二人のそれぞれの活動についてお話ししていただきます。
他にも先輩移住者3名から信州暮らしの本音についてもお話しただくトークライブを開催予定。

『わざわざ』のホームページ-平田さんの『わざわざ』によせる想いなどが綴られていますのでぜひご覧ください!
http://waza2.com/about
『ALPS BOOK CAMP』2018年の開催情報はこちらから。
http://alpsbookcamp.jp/

長野での暮らし〜仕事…そして移住後の話まで、まさにまるごと長野県について知り・相談することができる1日です。

会場にはキッズスペースも用意されるので、ご家族そろってのご参加も大歓迎。
今すぐにでも、将来的にでも長野県への移住を検討している方、どなたでもお気軽にお越しください!

「信州で暮らす、働く」フェア
開催日 2018年7月8日(日)
時間11:00〜17:30(最終入場16:30)
会場東京交通会館12階 カトレアサロンA
地図
住所東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル12F カトレアサロンA
アクセスJR有楽町駅より徒歩1分
参加費無料
主催長野県、田舎暮らし「楽園信州」推進協議会
参加方法当日会場までお越しください。
お問い合わせ先長野県企画振興部 地域振興課 楽園信州・移住推進室
【電話】026-235-7024(直通)
【メールアドレス】iju@pref.nagano.lg.jp
スケジュール

【メインセミナー】

11:15~12:15  ゲスト:平田 はる香さん /「長野に移住したことが全ての始まりだった」

13:30~14:30  ゲスト:菊地 徹さん /「ないからつくる~栞日とALPS BOOK CAMPの視点~」

【先輩移住者トークライブ】

12:30~13:15  ゲスト:久村 周一さん /「私を変えた転職ストーリー」

14:45~15:30  ゲスト:林 洋子さん /「信州流子育ての極意」

15:45~16:30  ゲスト:山下 和希さん /「二地域居住者が語る、北アルプスと美味しい水がある暮らし」

平田はる香さん
「株式会社わざわざ」代表。1976 年 東京都生まれ静岡県育ち。東御市在住。
フリーランスの WEB デザイナーを経て、2009 年冬、パンと日用品の店「わざわざ」を一人で開業。
実店舗とオンラインストアを運営し、2017 年に株式会社に組織変更。 働く人や地域に還元することを大切にしながら、「全ては誰かの幸せのために」を基本理念に掲げ、13 名のスタッフと共に働く多忙な日々を送っている。
菊地 徹さん
ブックカフェ「栞日」 店主。1986 年 静岡県生まれ。松本市在住。
接客などのサービスを本格的に学ぼうと、2010 年に松本市の旅館に就職した後、 軽井沢町のベーカリーに転職。
2013 年、ブックカフェ「栞日」を松本市に開業。国内の独立系出版物を中心に セレクトした本や冊子の他、日用品を販売。2016 年には現在の場所へ店舗を移転。旧店舗は、中長期滞在ホテルとしてリオープンした。アルプスの麓の湖で ブックフェス「ALPS BOOK CAMP」を主催している。
【先輩移住者】久村 周一さん
2016年茅野市の設計事務所に転職し、家族4人で東京から移住。移住を考えて約3年で実現した信州暮らしを満喫中。
【先輩移住者】林 洋子さん
シンプルな暮らしを目指し家族で2011年伊那市へ。就農し、自給自足ライフを送っている。男の子3人の子育て中。
【先輩移住者】山下 和希さん
和歌山県から安曇野市へ2011年に移住したIターン建築家。和歌山と安曇野の事務所で二地域居住中(家族は安曇野市に定住)。アトリエ・ワークス代表。
※TURNSでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。