TURNS

バリカタ!フクオカ!!最終回!
福岡移住をガチで考えるオンラインセミナーvol.3
現役隊員が語る!地域おこし協力隊のリアル。

バリカタ!フクオカ!!
福岡移住をガチで考える三杯を食らえ!

TURNS×スカロケ移住推進部でお送りする、福岡移住を熱く考えたい方に向けたオンラインセミナー「バリカタ!フクオカ!!」もいよいよ次で最終回となります!
これまで、【就職・転職】【農業】をテーマにお届けしてきましたが、3回目となる今回は【地域おこし協力隊】をテーマに、オンライントークイベントを開催いたします!
スカロケ移住推進部パーソナリティーの浜崎秘書&堀口部長によるMCで進行して行きます♪

さて、あなたの「移住検討度」を福岡名物博多ラーメンに例えたら?

「やわ」 「普通」 「かため」 「バリカタ」 「ハリガネ」 「粉落とし」

意志の固さはどのくらいでしょうか??
「バリカタ!フクオカ!!」は、本気で移住を考えたい「かため」以上の方におすすめの企画です!
福岡移住を結構本気で考えたいなら、迷わず参加すべし!!

 


 

【〜3杯目〜地域おこし協力隊】 

現役隊員が語る!地域おこし協力隊のリアル。

(写真はイメージです)

これから地域と関わって仕事をしたい方や、移住先で起業したい方にはおすすめの制度「地域おこし協力隊」。
1年目〜3年目の現役協力隊3名と、協力隊OB1名の合計4名のゲストにご登場いただきます。
恋活、観光、魅力発信、ものづくり、ゲストハウス…
ゲストのみなさまの活動内容も様々。
福岡での地域おこし協力隊の魅力や、活動する上でのアドバイスなど、それぞれの視点からお話を伺ってみます。

「福岡県の地域おこし協力隊って、実際どんな感じなの!?」
「第二の人生を地域おこし協力隊としてスタートするには?」
「任期終了後に起業するにはどうすればいいの?」

などなど、参加者の疑問にお答えいたします!
地域おこし協力隊が気になる方は、ぜひご参加ください。

 

 


 

FM FUKUOKA リスナーが考える福岡の魅力とは?

実際に福岡に移住した方や住人の方々は、福岡をどんな風に感じているのか、それはこれから移住を考えている人たちにとっても気になるところ。

地元に密着したFM局・FMFUKUOKAにリスナーからお寄せいただいた「福岡の魅力」を一部ご紹介します!


“福岡のいい所は多々ありますが、食、自然、人柄、街、全て理想的な街!
東京時代の友達が来た時はチェーン店ではない街のラーメン屋さん、そして志賀島ドライブを勧めます。
あとは、福岡は九州の玄関口。足を伸ばせば有名な温泉地、大自然!本当にいい街福岡です。(福岡市 50代男性)”


“福岡暦38年です(笑) 生まれも育ちも福岡!福岡を出たくないです。
福岡の良いとこはいっぱいありますが、自分はバイクに乗るので志賀島、宗像、糸島が大好きです。
海が綺麗!走りやすい!海の恵みが豊富!
私事ですが先日大型二輪免許取得したのでツーリングの季節バンバンはしりまわりたいと思います!(福岡市 女性)”

“空港から福岡市内まで地下鉄で直通しかも30分以内、これは、他の地域ではなかなかないと思いますし、東京で知り合った友人も福岡の交通の便の良さに感動してました!
あと、意外と知られてないのが、福岡は「うどんが美味しい」です!特にごぼ天うどん!
これは、福岡ならではの絶品ソウルフードとして推していきたい逸品!(東京都 40代女性)”

“福岡歴43年です。
場所で言うと、久留米市累計7年、小郡市3年、春日市5年、福岡市3年、大野城市1年、それ以外は現在を含め朝倉市に24年間住んでます。
福岡の良いところ、住みやすい、飯がうまい所ですね。
市内周辺に住んでいた時は、移動の際タクシーがすぐ拾えたり、公共の交通機関が優れていたので非常に便利!田舎はというと、現在の朝倉市でも近くにコンビニはありますし、車さえあればどこでも移動できますので何不自由ありません。
都会の福岡、田舎の福岡、どちらも良い環境だと思います。(朝倉市 40代男性)”

“福岡は東京の秋葉原、大阪の日本橋に次ぐオタクに優しい街だと思います。
西は沖縄、東は広島の方がやってくるオタクの一大イベント、コミックシティが開催されるのもここ福岡。
主要アニメショップも博多、天神にまばらに有り、いろんな買い物がてら気軽に立ち寄れる良さは、ガチでその手のショップしかない秋葉原・日本橋に行って初めて気付きました。他にもキャナルのガンダムベースは国内では東京以外ここだけ!三大ゲーセン、タイトー、セガ、ナムコが揃いぶみ。アニメコラボカフェが開催されるのも最西端は福岡止まりが多くて、本当にオタクには至れり尽くせりです。(那珂川市 20代男性)”

“生まれも育ちも“福岡”です。歴で言えば…52年です。
今、久留米から柳川へ移動しました。
筑後平野の中を、車で走り抜けて来たんですが…
稲の緑 緑 緑!!
福岡はとにかく、気持ちが良い街だと思います。(みやま市 50代男性)”

 


 

スカロケ移住推進部で、福岡県特集を放送♪

TOKYO FM ラジオの中の会社『Skyrocket Company(月~木 17:00~19:52』内、移住推進部のコーナーで福岡県特集をオンエアします!!
本イベントのゲストも出演予定です!こちらもぜひお聞き逃しなく♪

\移住推進部 福岡県特集/
1月21日(木) 18時25分頃~放送予定!

 

【住みたか会員も募集中】
「ふくおか住みたか会員」とは?
現在、県外にお住まいで、福岡県への移住を検討されている方を対象に、移住に関する様々な情報をメールでお届けするほか、「ふくおかよかとこ移住応援企業」による割引・特典サービスを提供する制度です。

https://ijuu-teijuu.pref.fukuoka.lg.jp/news/detail/30

【バリカタ!フクオカ! 第3回目】
「現役隊員が語る!地域おこし協力隊のリアル」
開催日 2021年1月30日(土)
時間14:00〜15:30
会場オンライン開催(Zoom )
定員50名
参加費無料
主催福岡県
参加方法ページ下部の「応募フォームはこちら」からご参加ください。
自動返信にてZoomのURLをご案内いたしますので、開催当日はそちらにアクセスをお願いいたします。
お問い合わせ先株式会社第一プログレス ターンズ事務局 福岡担当
TEL :03-6269-9732
MAIL:event★turns.jp(★を@に変えてお送りください)
ゲスト
筑後市 地域おこし協力隊(1年目)
丸山未来さん
福岡県出身。東京・横浜で働いたのち、2020年から筑後市地域おこし協力隊に就任。
恋愛のパワースポット「恋木神社」がある筑後市で「恋活」「婚活」などの出会いの場の創出や、住環境、特産品、観光スポットなどの町の魅力発信も行っている。
趣味は野球観戦、神社巡り。
久留米市 地域おこし協力隊(2年目)
黒田俊光さん
山口県岩国市出身、60才。
2019年4月 横浜市から久留米市地域おこし協力隊として、かっぱ駅で有名な田主丸へ。住み始めてみると、自然豊かで日本の歴史を感じる暮らしに憧れていた身には、まさにピッタリの土地。移住促進と空き家活用の活動をしながらも、農作業や伝統行事など地元ならではの生活シーンで人々と交流を深められるのが協力隊の喜びだ、と日々感じている。
現在、福岡県観光推進協議会「地域の魅力を磨く観光地域づくりモデル事業」補助金を得て、2021年度開始を目指して、田主丸の新たな観光プログラム『かっぱガイドツアー』および『巨瀬川カヌーツアー』を企画中。
twitter「旅日々・耳納北麓筑後川」。facebook「黒田 俊光」。
香春町 地域おこし協力隊(3年目)
村上夕子さん
福岡県田川市出身。高校卒業後、大阪のファッション専門学校在学中に「布が好きだ!テキスタイルデザイナーになる!」と中退してイギリスに留学し、テキスタイルデザインを学ぶ。帰国後は東京の「ヒロココシノ」でテキスタイルデザイナーとして10年就業。退職後はフリーのグラフィックデザイナーとして活動していたが、母の介護のため福岡へUターン。
「やっぱり布が好き!」という思いは変わらず「せっかく自然豊かな土地に戻ってきたのだから」と植物染めを始める。現在は福岡県香春町の地域おこし協力隊、植物染商品の企画製造販売、植物染講師、グラフィックデザイナー、デザインアドバイザー、自然体験学習企画運営などで活動中。
広川町 地域おこし協力隊(OB)
山本誠さん
神奈川県厚木市出身。42歳。日本大学芸術学部美術学科を卒業し、日本大学大学院芸術学研究科博士前期課程修了後、「物作り」に興味を持ち、シルバーアクセサリーやジュエリーなどの原型製作や製造に携わる。その後、福岡県八女郡広川町の地域おこし協力隊として広川町創生プロジェクト「ひろかわ新編集」の活動に従事。
昨年、3年間の任期を終えて「ニュー・ヒロカワ合同会社」を同町に設立し、ものづくりスペースKibiru(キビル)と移住相談のできるゲストハウスOrige(オリゲ)2施設の管理・運営や地産食材を生かしたカフェ営業を行っている。今後も地域商社として新たな町づくりを模索し、企画・運営を行う。
Kibiru:https://hirokawa-newedition.org/kibiru/
Orige:https://hirokawa-newedition.org/orige/
MC
TURNSプロデューサー/ (株)第一プログレス常務取締役 /TOKYO FM『Skyrocket Company』 内「スカロケ移住推進部」ゲストコメンテーター
堀口正裕
国土交通省、農林水産省等での地方創生に関連する各委員を務める他、地域活性事例に関する講演、テレビ・ラジオ出演多数、全国各自治体の移住施策に関わる。東日本大震災後、豊かな生き方の選択肢を多くの若者に知って欲しいとの思いから、2012年6月「TURNS」を企画、創刊。地方の魅力は勿論、地方で働く、暮らす、関わり続ける為のヒントを発信している。
マルチタレント
浜崎美保さん
1983年鹿児島県出身。モデル/タレント/パーソナリティなど多岐に渡り地元メディアで活躍後、2009年夏拠点を東京へ移し、現在はフリーランスとして活動中。2013年4月からはTOKYO FM「Skyrocket Company」のパーソナリティを務める。
TOKYO FM「マイメロディのマイメロセラピー」(月~木曜 19:48-19:51)、「キリン一番搾り 全国パーソナリティ『これが私の一番おいしい!』リレー」(日曜 15:50-15:55)、FM 鹿児島「SEA SIDE ZOMBIE」等のレギュラー番組に出演中。