TURNS

梅の花と狭山茶に触れながら、
春の訪れをご自宅に。
埼玉の暮らしと農に触れるBOX ひなまつり編

埼玉と農ある暮らしの関わりかたを探る

「農ある暮らし」と聞いて、どんなことを思い浮かべますか?

なりわいとしての「農業」もひとつですが、もっと十人十色でもいいと思います。例えば、農家さんが大事に育てた野菜を使って、新商品をつくったり、販売したり、マルシェイベントを企画したり。農ある暮らしには、いろんな関わりかたがあるんです。

今年はコロナ禍で、なかなか現地に足を運ぶ機会が作れませんが、オンラインとリアルの良さを組み合わせて、農ある暮らしに関わる機会をつくれたらと、埼玉の人たちと、埼玉に関わりたいと思ってくれる地域サポーターの方々と一緒に、アイデアを出しながらオリジナルの『埼玉を体験できるBOX』をつくりました。

・・・

12月に開催した第一弾は「種から野菜を育てよう」でしたが、第二弾となる今回は、ひなまつりにちなんで春の訪れを感じていただける企画をお届けします!二部制に分かれていますので、お好きなBOXをお選びください♪

なかなか現地に足を運べないご時世ですが、ご自宅から少しでも春らしさを感じていただけたら嬉しいです。

 

埼玉の食と農に触れて、春の訪れを感じる
「埼玉テーブル」をつくろう

【第一部】梅をつかった花寿司づくり

『関東三大梅林』のひとつとして有名な越生梅林は、この時期、梅の花が見頃を迎えます。そんな越生町で代々続く山口農園の山口由美さんに、梅の楽しみかたの一つとして花寿司づくりを教えていただきます!

 

【第二部】狭山茶の美味しい淹れ方

『色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす』でも歌われるように三大銘茶のひとつとして有名な狭山茶。今回は、そんな狭山茶の生産者でもありながらお茶のある暮らしや文化を伝えている、入間市の的場園の的場龍太郎さんに美味しいお茶の淹れ方をレクチャーいただきます!

埼玉の暮らしと農に触れるBOX
#ひなまつり編
開催日 2021年2月27日(土)
時間【第一部】12:00〜14:00/【第二部】16:00〜18:00
会場オンライン配信
定員各回10名ずつ
参加費各回 1,000円(税込)
主催埼玉県農業ビジネス支援課
参加方法peatixのリンク先よりお申込ください。
※ 今回の企画では、ご自宅に郵送物をお送りしますので住所や連絡先など相違なくご記入ください。
※ 2/27に開催するオンライン体験イベントにご参加いただける方のみ、お申込いただけます。
※ 参加者の方には必ずアンケートに答えていただくようお願いいたします。
※ 限定数でのご用意となるため、お申込いただくタイミングによっては定員を超えてしまう場合もございます。その場合、お断りさせていただく可能性もございますが、ご了承ください。
応募締切

2021年2月24日(水)23:59 まで

(※締切前でも、定員に達した時点で締め切りとさせていただきます。)

埼玉BOXに
含まれるもの

【第一部:梅をつかった花寿司づくり】

・花寿司に欠かせない梅(梅ペースト)

・埼玉テーブルに添えてほしい逸品

 

【第二部:狭山茶の美味しい淹れ方】

・的場さんおすすめの狭山茶(茶葉)

・埼玉テーブルに添えてほしい逸品