第1回 地域おこし協力隊の“リアル”が分かるオンラインイベント

地域おこし協力隊全国オンラインイベント

全国で活躍する地域おこし協力隊員や隊員OB・OGからの体験報告や有識者による講演など盛りだくさんのイベントがこちら、「地域おこし協力隊全国オンラインイベント」。

地域おこし協力隊になりたい方はもちろん、地方移住を検討されている方や地方で起業したい方、新しいキャリアを始めたい方にもおすすめのイベントです!

ここでしか聞けない地域おこし協力隊の「リアル」をぜひ確かめてください。

地域おこし協力隊とは?

人口減少や高齢化など様々な地域課題を抱える地方で、都市部から住民票を異動した人が各自治体から委嘱を受け地域協力活動を行う制度。

活動内容は、地域行事やイベントの応援、伝統芸能や祭りの復活、地域ブランドや地場産品の開発・販売・プロモーション、空き家・店舗活用などの商店街活性化、農林水産業支援など様々です。

任期は、概ね1年以上、3年未満。
令和2年度は全国で約5,500名の隊員が活動しています。

政府はこの隊員数を令和6年度に8,000人に増やすという目標を掲げており、この目標に向け、地域おこし協力隊の強化を行うこととしています。
隊員の男女比は男性6割、女性4割で、約7割は20・30代ですが、40代以上の隊員も増えてきています。また、任期終了後も、約6割の隊員が同じ地域に定住し、引き続き地域の担い手として活躍しています。

活動中は初任者研修、ステップアップ研修など基本的な知識や協力隊としての心構え等を身に付けるための研修を受けられるほか、困りごとの相談窓口として「地域おこし協力隊サポートデスク」が設置されていたり、任期後を見据えた起業や事業承継に向けた支援制度があったりと、幅広いサポートを受けられます。

最長3年間、自治体の支援を受けながら活動することができるので、その間に地域での人脈やビジネスチャンスを広げ、新しいキャリアをスタートさせた先輩隊員も多く輩出しています。

 

地域おこし協力隊の“リアル”をお届け!

1月22日(土)13:00~開催の「地域おこし協力隊全国オンラインイベント」。
第1回は【知っておきたい地域おこし協力隊のトリセツ】と題して開催します。
地域おこし協力隊員OB・OGによるゲストトーク、有識者を交えたトークセッションなど内容盛りだくさん!

地域おこし協力隊の良い面や成功事例だけではなく、苦労したことや大変だったこと、有識者の客観的な視点も交え、協力隊の“リアル”をお届けします。

協力隊になりたい方はもちろん、地方移住を検討されている方や地方で起業したい方、新しいキャリアを始めたい方も、あなたに合った地域・活動を見つけるチャンスです!

オンライン開催なので、ネット環境があればどこからでもご視聴可能。

お気軽にご参加ください!

≪当日のプログラム≫
テーマ:「知っておきたい地域おこし協力隊のトリセツ」

●開会

●制度説明 総務省より地域おこし協力隊制度について説明

●ゲストトーク
登壇者:
堀口 正裕 (TURNS プロデューサー、株式会社第一プログレス代表取締役社長)
西塔 大海 氏(合作株式会社 取締役/さとのば大学講師/慶應義塾大学SFC研究所上席所員/福岡県上毛町地域おこし協力隊OB)

●トークセッション
登壇者:
堀口 正裕
西塔 大海 氏
立花 実咲 氏(北海道下川町地域おこし協力隊OG/合作株式会社 広報・PR担当)
本田 藍 氏 (福岡県宗像市地域おこし協力隊OG/鐘崎海女/一般社団法人シーソンズ監事)

 

【1月22日】地域おこし協力隊全国オンラインイベント
開催日 2022年1月22日(土)
時間13:00~15:00
参加費無料
主催総務省
参加方法以下の詳細・お問い合わせよりお申込みください。
ゲスト
堀口 正裕
TURNS プロデューサー
株式会社第一プログレス代表取締役社長
西塔 大海さん
合作株式会社 取締役
さとのば大学講師
慶應義塾大学SFC研究所上席所員
福岡県上毛町地域おこし協力隊OB
立花 実咲さん
北海道下川町地域おこし協力隊OG
合作株式会社 広報・PR担当
本田 藍さん
福岡県宗像市地域おこし協力隊OG
鐘崎海女
一般社団法人シーソンズ監事
※TURNSでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。

人気記事

新着記事